スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治18年春場所初日 (東京横濱毎日新聞/明治18.1.21)

○回向院大相撲
・かねて報道せし回向院大場所は昨日を以て開場せり、本年は年寄の注意にて夜に入らぬうち打出さんとの趣向にて、午前二時より櫓太鼓の音もろとも取始めたる事なればその打ち出しも意外に早かりし、さて此日は初日とは言え景気すこぶるよく、日を追うて大入は勿論と思われたり、取組は初日の事なればさまで宜しからず、大相撲というは一組か二組に過ぎざりし。
・(中入前)中田川木曽川に、神風浪渡りに、播磨洋田上山に、宮ノ松相川に、鷲ノ森浦ノ海に、小金山藤ノ森に、國ノ花常陸川に、若木野藤ヶ枝に勝。
司雲竜毛谷村は預り、鳥ノ海藤田川に、泉川山ノ音に、菊ヶ濱岩ノ里に、朝日嶽に、綾浪若湊に、平ノ戸千勝森に勝。
藤ノ戸海山は右四ツにて揉合い、或は寄らんと攻め立れば投を試みるなど大相撲になりしかど、海山の口中に痛ありて出血し引分となれり。
伊勢ノ濱廣ノ海は突掛てのち右四ツに渡り、は差し手にミツを引きつつ一心不乱寄りて土俵の際に待ち行きしが、この時伊勢もコハ大変と下手投を打つや否や体共に流れたり、されど団扇は伊勢の方に上りしに物言を生じついに預りとはなりしが、溜りの説には伊勢の体早くしてが七分の勝なりといふ。
八幡山友綱は段は違えど面白き取組にて、如何なる相撲を取る事かと待つ間あらせず立上り、ちょっと小手先のせり合より難なく右四ツとなり、機を計りつつ八幡山は得意の足くせにて勝を得たれば賞讃の声かまびすしかりき。
浦風常陸山は、左四ツ寄て常陸の勝。
上ヶ汐入間川は、申すまでもなく突落して上ヶ汐の勝。
増位山高千穂は、増位山が遮に無に寄らんと出て来るはなをハジいて高千穂の勝はちょっと大きし。
剣山鶴ヶ濱は、矢声と共に立上り突張り跳合い左四ツとなり、が揉んで揉み抜くも流石は名代の鶴ヶ濱、防ぎて相撲大事に取る時、剣山は此の手じゃ行かぬと今度は金剛力に寄来り、も今更防ぎ得ずあわれ踏み切らんと気遣う折から、せめては五分の相撲にしたしと下手投を打ちしに、の体危うく見えしも矢張り寄ての勝は一大相撲と申すべし。
嵐山大達は、寄て大達の勝は詮方なし。
梅ヶ谷清見潟はケタグッテの勝も評する所なし。
・(中入後)緋縅和田ノ森を押切り、一ノ矢浦湊を「ツッパリ」、柏戸桐山を寄倒し、千羽ヶ嶽九紋竜を突張ていづれも勝。
鞆ノ平立田野は、左四ツより立田野が差し手を抜き替えるとき寄りての勝。
高見山は左を差し、寄て手柄山に勝。
大鳴門出釈迦山はスクイ投て大鳴門の勝。
中ツ山西ノ海は、中ツが例の通りペロペロ舌を出しては機を伺い急に立たぬゆえ幾度か仕切直すに、西ノ海も可笑しく思い彼の愛敬顔へえくぼを入らせてありしが、しばらくして立つや泉川を極め放して西ノ海の勝は、あたら暇の要りし相撲なりき。

○相撲並びに年寄現員
・今回の大番付に記載ある相撲総数は四百十四人、また相撲年寄総数は五十五名なり。(1.20)
○相撲年寄役割
・今度回向院大場所の相撲年寄役割を聞くに、土俵見張役は伊勢ノ海五太夫大嶽門左衛門高砂浦五郎。勧進元は佐野山幸吉浅香山半左衛門。中改番は稲川政右衛門出来山長吉勝ノ浦与一右衛門関ノ戸億右衛門(補助)玉垣額之助。木戸番は追手風喜太郎を始め十六人。(1.20)
・また日々相撲の取組割をなすは何地の興行にも行司の担任なるが、大場所にてのみは伊勢ノ海大嶽高砂の三名が担任する由。(1.20)

記事に小見出しが入るようになりました。制限時間の無い時代ですから取組が長引くと暗くなって決まり手も判別できない、といった事が今までありましたが、少し早く終わるようになったみたいですね。取組の編成は現在も審判部の年寄が行っていますが、この頃から始まったのでしょうか?
小野コレクション(明治18年春場所番付)

明治18年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/09/26 12:16】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治18年春場所2日目 (東京横濱毎日新聞/明治18.1.22) | ホーム | 大達破門騒動 (東京横濱毎日新聞/明治18.1.3)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/95-7c3d6c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。