スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治17年夏場所5日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.5.21)

・昨日回向院五日目の相撲は、前日以来の大入りに至極の上景気。
・(中入前)常陸山井筒は、「突張」て常陸山の勝。
鞆ノ平大達は当日一の取組にて、名乗の上がるや場内ドヨメキ渡り一方ならぬ騒ぎなりき、さても力士は仕切も十分立声と共に突掛けざま例の「カタク」なる鞆ノ平が「ハッ」て出れば大達も返報がえしの「ハリ」合いより跳合いて、鞆ノ平左を差せば大達も左を差さんとなしけるに、は之を殺して揉合い又離れて突張り、互いに相撲を大事になすうち再びは左を差し大達上より「巻」て水となりし後、は左に「ミツ」を引き右に敵の「前袋」を引きて揉抜き、実に大相撲なりしが勝負の果てしなく引分たり。
梅ヶ谷一ノ矢は、やはり「押切」て梅関の勝。
・(中入後)浪渡り雷震は、格好よき取組にて幕の下ながらも人気多かりしが「左四ツ」にて「寄」雷震の勝。兜山日下山に勝。達ヶ関岩ノ里に勝、こは案外の出来。
・そこで幕の内に移れば、荒飛入間川は「押切」て入間川の勝も随分案外の内なり。
清見潟立田野は「左四ツ」、上手を引き「寄」て清見潟の勝。
上ヶ汐高見山は釣合いのよき相撲なるも、一体上ヶ汐高見山には苦手の様子にて「右四ツ」に揉み出で高見が「寄り行」くとき、上ヶ汐は腰を「クダキ」膝を突て敗を取りし。
大鳴門武蔵潟は、突張り合い大鳴門の右が入るや否や「寄」て大鳴門の勝。
友綱西ノ海は立合いすこぶる念入り、友綱の容易に立たざりしも道理、相手が当時関にもなろうという西ノ海と思えば「カタク」なりて機を待つの内意なるものから、ただに「ブッツカッテ」「突張」るの他に念慮なきなるべし、辛うじて立上り矢庭にブツカリ突張り出れば西は心得、ヨイショと突張り来る左を得意の「泉川」に極めジリジリ攻めにてついに「極メ放」し勝は段違いながら見事なりし。

・此の日は如何なるわけにや、出勤せざるもの多かりし、其の力士は境川の部屋にて手柄山、勢、稲の花、伊勢ノ濱、中津山、九紋龍、増位山、荒石、羽衣、黒雲、羽縅、司雲龍、三好川、吉野山、神田川、石部川。玉垣の部屋にては千羽ヶ嶽、海山、廣ノ海、鶴ヶ濱、八幡山、萱田川、初陣、御所櫻、浦ノ海、白梅、春野、小天龍。藤島の部屋にては嵐山、栄松、朝ノ戸等なりしが、本日は残らず出勤する旨式守伊之助が土俵にて披露したり。

1日だけの大量の休場者は何でしょう。先日の揉め事と関係あるのか無いのか・・・いかなるワケなのか、もう少し詳しく取材してくれたら良かったんですが(;・ω・)破竹の勢いの大達でしたが鞆ノ平とすごい熱戦で引き分け、どうも鞆ノ平には力技が通じにくく苦手にしているようですね。

明治17年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/09/16 22:43】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治17年夏場所6日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.5.22) | ホーム | 明治17年夏場所4日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.5.20)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/87-83a73d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。