スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治31年夏場所七日目 (朝日新聞/明治31.5.23)

○回向院大相撲
・昨二十二日(七日目)は快晴に加えて日曜日なりしに貴顕紳士の来観ことに多く、桟敷は午前九時に売切れとなり正午頃には木戸も客止めとなりし好景気にてありし。
司天龍甲岩は、諸筈にて押すをは耐えて寄り返すを、透かさず押倒して司天の勝。
緑川栄鶴は、激しく突き合い右を差せば上手に巻きたるまま小競り合にて、仕掛けは損ぢゃと木偶となって引分。
鉞り有明は、立上り鉞りの左手を取って引掛ける、は外さんとして引くを任せて鉞りの勝なりしが、は土俵の詰にて捻りたれど鉞りに踏切りあるとに団扇を上げしが、物言いとなり検査員八角は踏切りなしと主張し、預となって星は平。
岩戸川御舟潟、この一番は取らずもがなとの悪評さえありしが、左を取りハタキて手繰り込み岩戸の勝は筆を労する価値なし。
高千穂磯千鳥は、右四ツにて左は殺し合い、は下手なれば仕掛れば仕掛も出来れどは体を落し居ればも体を伸ばして、互いに敵の仕掛を待ちたるまま取疲れ引分は興味なし。
利根川待乳山は、突かれながら飛び入り下手を取って頭捻りに行きしが、付け入られかえって踏切りありてに星を奪わる、元の勝平なれば粘りありて斯くは負けまじきに。
谷ノ川鳴門龍は、左四ツに渡り懐に入りて押し切らんとするを、が一寸逡巡したれば右足を運ぶ間なく足の流れを捻っての勝はの不覚なり。
岩木野一力は、突き合いはハタキでの腰砕けんとするを透かさず突きて一力の勝は瞬間の争いなりし。
鶴ヶ濱は、立ち上りは左差しにて強く引き寄せ右を当てて寄るより、流石のも手腕を伸ばす能わず力の入らずして敗を取りしは時の運と断念すべし。
増田川稲瀬川は、突きの一点にて突き勝ち土俵より出づ。
北海鬼鹿毛は此の社会の顧問官、は左を差し右筈にて強く寄れば耐える力なくしての勝は相角力。
大蛇潟小松山は、左四つより解れての左を片閂に絞りて寄るを、は詰めを渡して防ぎしが、寄り倒されての負は心に省みる所あるべし。
若湊常陸山の人気ますます加わり、の勝は突きの一点にて、外せば必ずの勝とは衆評にてありし如く、は二度の突きにもは踏み耐えしより透かさずは左差しの右筈にて寄るも動かずして寄り返す出鼻をハタキたれど効かず、は左充分に差して寄りたるにはたちまち踏切っての勝は大喝采にてありたるが、もよく角力いてにも危うき所見えたり。
朝汐荒岩は当日の呼びものにて、観客は固唾を飲み二力士は水を飲んで清く立ち上がり、右の相四ツにて挑む間もなくは上手投を打ち、残るを寄っての勝は別に手練を施す隙なくして負けは案外なりし。
・(中入後)金山嶽ノ越は相角力にて、の左差しをは巻き左筈に当てて右に二の腕を取りて後手に防ぎしが、解れて突き合いはハタキて残りしがの体据わらぬ隙に押切りての勝は興あり。
松ノ風小天龍は、手先競り合いより手四ツ片手車にて暫し挑み、やがての左四ツにて腰投を見せたれど小天残して打返すを又残され、体の軽きに二本にて釣り身にアビセられ棄て身に行く間なく小天の負け。

前日に黒星を喫した横綱小錦が休場してしまいましたが、会場は大入りです。幕内を務めたこともある鉞り(まさかり)は幕下に下がりましたが元気に出場しています。きわどい相撲でしたが預かり。ビデオも取り直しも無いこの時代、物言いがつくとほぼ預かりということで収められてしまいます。実際には有利だった力士には内部的に白星扱いとして昇進や給金に影響したそうですが、この一番は「平」ということで両者互角の半星ずつです。常陸山は十両力士ながら7日間すべて幕内力士との対戦。ベテラン若湊との取組は若湊の活躍で動きのある良い相撲でしたが、最後は常陸山が寄り切り、これで7連勝。前頭上位や三役経験者も含め次々となぎ倒しています。止めるのは誰なのか・・・朝汐と荒岩は気鋭の大関vs関脇戦、ここは速攻がうまく行って大関が貫禄を示しました。

明治31年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2013/01/21 23:38】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治31年夏場所八日目 (朝日新聞/明治31.5.24) | ホーム | 明治31年夏場所六日目 (朝日新聞/明治31.5.21)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。