スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治31年夏場所三日目 (朝日新聞/明治31.5.16)

○回向院大相撲
・昨十五日(三日目)は朝来の好天気に加え、日曜日と云い職工連の休業なれば午前十時頃には早や立錐の地もなき大入を占めたり。
緑川松ノ風は、釣りての勝は苦もなし。
利根川西郷は、左四ツに組み投げを打ちしも残されかえって西は引立て寄り切っての勝まづ上々。
谷ノ川嶽ノ越は幕下にては三役に数えらるる好力士、は下手に左を差し右筈で当てればは右を巻き左上手にミツを取りて投を試みしがは腰を落して効かず、少しく躊躇の体なりしがやがては筈手に全力を寵めて押切りの勝は面白し。
成瀬川稲瀬川は、立ち上り突きの一点にての突き掛けを透かし弾きて体のよろめくを突き出しの勝は、相手の未だ若きに依る。
一力は、突き合い諸筈にかかって押切りの勝は呆気なく、一力の手術を施さざりしは休業の故なるべきも余り見劣りのせし相撲なりし。
玉風常陸山は、満場拍手歓呼のうちに迎えられ悠々と土俵に上り仕切も饒に立ち上るや否なの左を引込み右を当たると見る間に面倒と云う風にて掬いし力に、は右を差す間あらせず土俵の詰に打倒されしは格段の違いにてありし、此の分にて押し行かば強敵は最早の眼にあらざるべし。
高見山不知火は、右筈にて押切らんと進めば不知は早くも寄り返し左を強く押切って勝を占めしは老功の致すところ、も術なし。
増田川小天龍は、突合い小天鼻頭を突かれて出血の痛にて引分は僥倖。
大見崎狭布里は、大見左差しにて平に押切らんと進むに、は危うくなりここ盛り返さんと右上手を取って一本背負に掛けたるも、大見のアビセに体潰れての敗。
鬼ヶ谷玉ノ井は、二本を差し挟んで寄り切りの勝は大出来大出来。
源氏山梅ノ谷は当日一等の好取組、場中は割るるばかりの喝釆にて二カ士は念入に仕切り気合を量って立上るや否な左四ツにしかと組み、は打つは寄らんとするも互いに効かずただ中央に仁王立ちにて暫し憩う体ゆえ水となり、は右上手を巻きは右上手ミツを取りて揉み合うばかりにて引分は何れにありても仕掛るは損との横着なり。
黒岩荒岩は前に次ぐ好取結み、相四ツに組みは下手投げを打たんと寄る鼻をは得意の櫓に懸け地上三尺高く釣りたるに、は腰を落して釣り返さんとウンと力を入れるを、はドウツキに落したればは自分の力と敵の力にて腰砕けて右膝を突きしは案外の勝負、必ずや観客は怪我負と註解せん。
朝汐鬼鹿毛は、二本を差されて他に手なく瞬間に土俵の詰めに寄せられ左を首に巻きて落さんとするも、の押し烈しくして敗は是非もなし。
小錦當り矢當り錦の横顔を張って立ちの少しくひるむを付け入り諸筈にて押しを今一足にて敗を取らん体なりしが、危うく廻りてハタキ込みにての勝ちは横綱だけありし。
・中入後、小武蔵鬼龍山は、の突きにも詮術く腰を挫く。
金山大嶽は、待った十余回の後ようやく立ち、は引掛け小手投げを打ちしも決まらず、逆に打って諸倒れの方遅かりしとて団扇はに上がりしも、物言い付きて預り。
熊ヶ嶽鳴門龍は、エイと声の聞こゆる間もなくの体は東溜りに在り、後にて聞けばの諸筈なりと。
北海天ツ風は、天ツ左差しにて寄るをは右筈にて防ぎしが、天ツ右上手を外枠に行き首投にて見事の勝を占めしは天ツの上出来かの弱きか。
岩木野横車は、立ち合いの左を引込まんとすればはイヤと引く、は更に付け込み押切って勝はまず拾い物。
大蛇潟鶴ヶ濱は、右四ツにてもたれ込み大蛇の勝。
若湊谷ノ音は、少し立ち後れたるにも撓まず受け止め、右筈にて寄る出鼻をは掬って勝を取りしは珍らし。
大纒大砲は、の出鼻をハタキてヨロメクを二本にて支え悠々西隅に押切ったるは子供の転ばんとするを助け起こして安全の地に持ち行くが如し。
逆鉾小松山は、左四ツにては釣らんと寄るも小松は大兵にて右上手ミツを取りて釣らんとするより、は下手に入り左を巻きつつ寄り倒したる手際、最も面白く観客を喜ばせたり。
千年川鳳凰は、突出しの勝にて打出したり。

先場所の九日目に復帰してきた一力は、幕内格の張出として番付に載りましたが、十両の甲(かぶと)に敗れて3連敗、相撲内容も良くなく「手術を施さざりしは休業の故」とあるのは「技が出ないのはブランクのため」という意味と解釈します。玉ノ井(たまのい)は諸差しで快勝。先場所まで高浪という四股名でしたが、勝平と同様に二枚鑑札で今場所から改名しています。源氏山vs梅ノ谷は三役の人気者と話題の新鋭との対戦、期待されましたがお互いに決め手なく引き分けでした。荒岩は黒岩に突き落とされて初黒星、観客の目には怪我負け、つまり取りこぼしに映るかも知れませんが、荒岩にとっては先場所に続いての黒星となり、取りにくい相手なのかも知れません。

明治31年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2011/07/23 22:17】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治31年夏場所四日目 (朝日新聞/明治31.5.17) | ホーム | 明治31年夏場所二日目 (朝日新聞/明治31.5.14)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。