スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治31年春場所千秋楽 (読売新聞/明治31.1.21)

御舟潟岩戸川は、片手四ツ解けて御舟大さしとなるや、左上手を引きつつ矢筈または投げと試みたるが決まらず、競合い取疲れ水入後引分。
鳴戸龍金山は、寄り出し鳴戸の勝。
勝平虎勇は、引落として勝平の勝。
嶽ノ越岩木野は、左さしに行くを引掛け互いに揉合い、取疲れ水入後引分。
境嶽玉風は、左四ツで挑みの内掛け危うき所を残しつつ、ひねり決まり玉風の勝。
小西川磯千鳥は、外ワクで磯千鳥の勝。
常陸山成瀬川は、左上手を引いて寄らんとするをは一生懸命相撲大事と取っ付き、毫も進まず取り疲れ引分。
鉞り高千穂は、左四つの掬い投げで高千穂の勝。
・(是より三役)鬼竜山は、突き合いよりハタキ合いて左四ツとなりて寄合い、取疲れ水入後揉合いて引分。
稲瀬川淡路洋は、突合い足取したれど体早く土俵を破りたりとて軍扇は稲瀬に上り、物言となり預り。
鶴ヶ濱谷ノ川は、左四つで寄り切り鶴ヶ濱の勝で、相生弓取の略式を相勤め千秋楽を告げ、なお本日より引続き豊国会寄付を興行す。

千秋楽は例によって十両以下の興行です。入幕有望な玉風・鶴ヶ濱が順当に勝ち、岩木野は引き分けました。幕下筆頭で無敵状態の常陸山は引き分けに終わりますが、相手の成瀬川(鳴瀬川)がそんなに凄い力士ということは無さそうで、平凡な十両止まりの力士です。なお翌日からはそのまま花相撲の開幕となります。この時代まだ相撲開催に勧進・奉納という意味合いが色濃く残っているようですね。

明治31年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2011/06/25 13:56】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治31年夏場所番付発表 (朝日新聞/明治31.5.11) | ホーム | 明治31年春場所9日目 (朝日新聞/明治31.1.20)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。