スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治31年春場所7日目 (朝日新聞/明治31.1.15)

○回向院大相撲
・昨十四日(七日目)は払暁小雨そぼ降りて興行の有無判然せざりしため、前日来客止めの景気なりしにも似ず不入の形なりしが、午前十一時頃一天拭うが如く晴れ渡りたれば来観者相応の賑わいなりし。
司天龍雲採は、の立ち後れを司天矢筈にて寄り切り司天の勝ち。
荒鷲鬼龍山は、突き合いの左差しにて寄るを寄り返し二本差しにては釣り出したり。
成瀬川小武蔵は、は二本差しにて寄り土俵際にて捻り出したり。
高千穂中ノ川は、は三段目なるもの右差しを巻き右に前袋を取って寄りつつ内掛にて巻き落さんとしも危うく見えしが、気息の切れし隙に寄り倒されしは是非なし。
嵐山嶽ノ越は、の左差しを泉川にかけしもの押しに土俵際まで寄られ、これを寄り返す途端の平押しに腰砕けの負。
常陸山境嶽は、の左差しをは上より絞めつけ右三ツを取って釣らんとすればは寄身にて右外掛けを試みたり、されどの踏張りに効かずして体の浮きしをアビセ掛けの勝は苦もなし。
淡路洋鉞りは、突き合いの突きにて鉞りは滑って土を握る。
両國北國は、右四ツにて互いに挑みて埓あかず、その間には寄られてすでに危うかりしが、逆手投げにて見事に勝を占めしはこの場所初めての秘術なり。
岩戸川虎勇は、突き合いの出鼻を捻っての勝は綺麗。
金山谷ノ川の突きの隙なきを避けんと後進するを突かれて踏み越し負は、に似気なき事なり。
岩木野小西川は、段に違いあるだけありての右差しを泉川に仕掛けんとする間に、二本を突込み苦なく釣り出しての勝は当然。
増田川は、右差しにて左前袋を取り、は左を巻き右差しにて寄りたるが、に寄返され土俵にてウッチャリしも効かずして潰れ、自身は捨て身の極りしと物言い付けしが採用なくして負となる。
玉風鬼鹿毛は、ヤッと立ちの右を伸ばす鼻を撓めるかと見る間に小手投げ極っては転がる。
外ノ海鶴ノ濱は、互いに突きの一点にてついに突き出しての勝は案外興なし。
大蛇潟若嶋は、立ち上りの右差しをは絞りて右を筈に当てしもは殺して攻め合い、はヂリヂリ寄られしが耐え防ぎ、ついに寄りて勝を占めしは場中の喝采なりし。
大纒不知火は、不知右を差せばは巻きて右に前袋を取りしが、不知に振り解かれ更に不知の右差しを片閂に絞れば不知は左にて巻き手を殺しつつ寄っての体ようよう浮き立ちし途端、下手投げを打ちし早業にも敵せず投げられて誰が目にもしるき負を取る。
當り矢荒岩は、立ち上りは張り手には屈せず進むより両差しに当てて防ぎしが、は寄り身になりて右を入れるや當りも右差して四ツとなりて押し行き、當り土俵際にて捨て身に行かん注文も此方はその手に乗らず左の差し手にて當りの腰を砕きて靠れ込むに、當りは注文違い体は潰れて負を取りしも、角力として愧る所なし。
源氏山大砲は、は左四ツの下手に入りは上手ミツを取り右はの差し手を防ぎて挑み合い、は投げを打てば体を引きて防ぐよりは更に右手を抜きて前袋を取り引寄せんとせしが、閂に絞られては勝手悪しとまたもや元の手に仕替えて投げを打ちたるが、は大事に防ぎあえて進まぬよりも踏み出す手なくしてついに水となり、のち取り疲れて引分はの分を待ちしによる。
小錦海山は、立ち上りは右を巻き左を差したまま動かず、は寄らば打たんと待てどもは寄れば損なりと大事にただ呼吸を計り居たるはあたかも木偶の如くにて水となり、のち取り疲れて引分は呼吸の切れしのみにて未だ額に汗を見ず、双方とも進まぬ角力にてありし。

○角觝雑俎
・目下興行中の回向院大相撲打揚げの翌日より二日間豊国会寄附相撲を興行し、そのまた翌日より二日間回向院維持のため両国有志の寄附相撲を打つ由。
朝汐は、去る九日(四日目)谷ノ音と立合いたる際、の廻しを確と取りたるを相手が強く腰を振りたるため右の親指の骨抜け目下治療中なるが、全癒までには三週間もかかるという。
常陸山は兜町株式仲買より浅黄地緞子へ丸に金糸にて株という字を縫いたる化粧廻しを貰いたりと。
豊田川という力士、一昨日牛込区神楽坂を通行の際イヨ大関と褒められて立腹し、大関とは冷やかす事であらうと俎板大の下駄をもって斎藤米吉、利根安太郎という区内の湯屋を殴打し血を見るに至り、その筋へ拘引せらる。

當り矢が荒岩相手に健闘。30歳を過ぎての入幕でしたが4枚目まで躍進して頑張っています。大砲に源氏山は引き分け。源氏山はこの場所5回目の引き分けですが、体格に恵まれており攻め込まれることは少ないものの勝ちに行けないというのは力の衰えでしょうか。すでに3敗してこれ以上負けたくない小錦も慎重策で引き分けました。休場中の朝汐は脱臼だったようです、痛そうですね(;・ω・)そして久しぶりに下位力士の狼藉が報道されました、本人たちは真面目でしょうが何となくユーモラスです。

明治31年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2010/07/26 10:35】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治31年春場所8日目 (朝日新聞/明治31.1.16) | ホーム | 明治31年春場所6日目 (朝日新聞/明治31.1.15)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。