スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治30年夏場所9日目 (東京朝日新聞/明治30.5.25)

・昨日(九日目)は午前小雨曇天なりしため来客前日よりは少なかりしも、矢張り相応に景気を呈したり。
岩戸川鉞りは、岩戸の左筈鉞りの左差しにて挑みしが、双方疲れて引分け。
金山司天龍は、左差しにて押切りの勝。
八剣利根川は、の左差しをトッタリにて利根の勝。
萬力御舟潟は、引落しにて御舟の勝。
最上山栄嶽は、釣り出しての勝。
松ノ風鶴ヶ濱は、左相差しにて右を巻き合い、のち四つとなりて釣り合い取り疲れて引分は無理ならず。
毛谷村勝平は、突合い手四ツにては遊び半分に受け支え、やがて右内枠にての勝は楽過ぎたり。
笹島不知火は、左四ツよりは二本差しとなり不知は左に前袋を取り右に首を巻きての出鼻を打たんとしたれど、は体を引いてこれを防ぎぬ、よって不知は更に内掛けに行くも極らず互いに釣り合いてのち、水入り後勝負付かずして引分。
大纒横車は、のマッタ数回にてようやく立ち上り、左差しは押切りたるが大に捨身ありとて物言い付き預りとなる、星は横車
當り矢若島は、當りの右差しを巻き右筈にて寄るを、危うく寄返したる甲斐もなく押出されての負。
玉龍小天龍は、突き合いてのち小天の突きにの腰砕けたり。
松ヶ関高浪は、の右差しの右筈にて押し合い、砕けてのちは二本差しとなり左の内掛けにての勝。
若湊大砲は、突き合いての諸筈をは支えて防ぎしが、やがては懐に入りて二本差しとなり引落さんとするをがもたれ込みたれど、捨て身にての勝、に膝つきありとて物言つき預りなりしも勝星は若湊
越ヶ嶽大戸平は、の右差し上手より巻き、右筈にて苦もなく寄り倒したり。
小錦鳳凰は満場の拍手喝采に迎えられて両力士とも土俵へ上り、入念に仕切りて立ち上るやは左を差し右に前袋を取りて、寄り倒しての勝。
○大相撲勝負(再録)
・前号欄外に記入したる回向院大相撲九日目の勝負は、都合によりて印刷漏れの分を生じたれば重複ながらここに再録す。
玉風常陸山は、立ち上りのハタキをは残して直ぐに付け入りたればは廻り損じて突き出しの勝。
嗚瀬川稲瀬川は、突合い突出しての勝。
増田川京ノ里は、右四ツにて揉み合い水となり、のち取り疲れて引分。
岩木野小松山は、右四ツの釣り合いにて水となり、二本差しにて釣りたるが、残ってまた打合いしが取り疲れて引分は大相撲。
高見山鬼鹿毛は、の左差しにて引落しの残りしが、寄ての勝。
黒岩天津風は、突合い一寸は引きそんじは左四ツにて釣り出したり。
逆鉾梅ノ谷は、突合い飛び違いてのハタキ極って左足を踏み越しのの負は残念なりし。
源氏山荒岩は、左四ツとなりは打つ釣るの秘術を出したるがの防ぎながら一寸蹴返しを見せたると体を退きたるに、はまた引落さんとすれども十分に防ぎて容易に決まらず、水のち取り疲れにて引分は同日中の大相撲。
朝汐海山は、左四ツよりは左へ片襷の合掌にて捻りたれど、残っては左差しにて釣りて持ち出したるが、は釣られながら泳ぎしよりに踏越しありてに団扇上りしが、物言となり預となり、星は未定。

○相撲一束
・昨日(九日目)の大詰、朝汐海山の取組勝負は第一回欄外及び本紙にも再記したる如く物言つき、四本柱の検査役は百方両力士に説くところありけるが、朝汐方の源氏山逆鉾等は十分にの勝なれば決して丸預りにせぬと主張し、また海山方の荒岩梅ノ谷等も丸預りは不都合なりと述べ、ようやく同日午後七時三十分頃行司は預りと触れて打出せしが、星の事にてまたもや容易に協議まとまらず取締役雷権太夫その他検査役が八名も出張し双方を説き宥め、やっと丸預りの無勝負にて落着したる由。
・大日本体育会へ寄付の東西合併大相撲はいよいよ明二十六日より二日間大場所跡にて興行する事となりたるが、初日の取組は左の如し。
常陸山  梅ノ谷
高見山  鶴ヶ濱
黒 岩  若 嶋
増田川  横 車
玉 龍  狭布里
不知火  小松山
大 纒  鬼鹿毛
越ヶ嶽  高 浪
天津風  小天龍
逆 鉾  當り矢
若 湊  松ヶ関
源氏山  大戸平
荒 岩  海 山
大 砲  鳳 凰
小 錦  朝 汐
凰凰大砲海山大戸平の一行はこの興行後横浜へ赴き、帰京のうえ軍夫記念碑建設費寄付相撲を催し、それより鳳凰大砲は関西地方へ、また海山大戸平は近県へ向けいづれも出発するという。
小錦朝汐等は体育会の寄付相撲打上げ次第小樽地方へ赴く筈なりと。

九日目を終え、荒岩の新入幕以来2場所連続の幕内最優秀が決定しました。横綱小錦が半星差で2位。前半好調だった大関鳳凰は強敵には勝てず5勝止まりでした。十両で快進撃の梅ノ谷はついに前頭2枚目の逆鉾と組まれ、ここはタイミングの良いイナシで逆鉾が意地を見せました。それにしても初日から東西問わず幕内力士との対戦ばかりで全勝を続けた梅ノ谷、すごいインパクトを残したことでしょう。本場所が終わると例によって巡業暮らしの各力士達です。

明治30年夏場所星取表
スポンサーサイト
【2009/12/22 16:28】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治30年夏場所千秋楽 (東京朝日新聞/明治30.5.26) | ホーム | 明治30年夏場所8日目 (東京朝日新聞/明治30.5.25)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。