スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治30年春場所6日目 (東京朝日新聞/明治30.2.16)

○回向院大相撲
・一昨十四日(六日目)は日曜日に加え前日三大関の失敗せしと同日三四の好取組ありしため近来稀なる大入にて、実に立錐の地も無きほどなりし。
岩戸川唐辛は、例の突合い烈しく右四ツに組みしがたちまちもつれ岩戸の攻め来る鼻をは潜り入り、釣りに掛けて勝ちしは妙。
鬼鹿毛不知火は、の得意合掌にて捻り落さんとせしに不知も去るもの注文通りに行かず、抜き替え片閂より小手投を打ちしが残って不知が打ちし下手投をは浮きながら耐えしも、不知の押切りには外不知は内。
狭布里横車は、立ち上り右の相四ツにて挑みしが例の櫓にて勝ちを占む。
梅ヶ崎當り矢は、敵の左手を手繰りて立上り、互いにハタキて赤ら顔となり、が矢筈を掛ればは外し又ハタキ合い、入り乱れの狂い相撲にて遂に當りは手繰り出されての勝。
荒岩大纒は五分の相撲と評する間もあらせず、の下手投げ極まっては倒る。
天津風響舛は、は右四ツにて釣ると見せもたれ掛り寄り倒して天津の勝。
海山逆鉾は、体格取り口の似たる角觝にて当日の呼物なれば場中やかましき中に両力士は見事に仕切りて立ち上り、の右差しをは小手投にて極めんとせしもは引き外し右手を抜き替る時、はすかさず突掛け行き外掛にての勝、この手は四十八手外の掛け落しという手なりと。
鳳凰越ヶ嶽は、の右差しにて掛け寄るための体危うく見えたるが、寄り返してアビセ掛けるをは捨舟に行きかえって腰砕けてに勝を与えしに、溜りに控えし響舛は同体に落ちしと苦情を云い検査役の協議となり、およそ三十余分間も問答に時を移したるのちようやく埒開きの勝。
・(中入後)梅ノ谷勝平は、の手取りながら飛び込みて爪取りしが当らず、今度はすぐに片手枠に行きての勝。
楯甲増田川は、の掛け倒れにての勝。
小天龍雷山は、互いに突合いはすべって腰砕け小天の勝。
高浪岩木野は、左相四ツにてより投げを打ちしも残って寄合い、取り疲れて水となり水入後も双方大事を取って動かず引分。
大蛇潟松ヶ関は、左四ツの揉み合にて互いに寄切らんとしてアセリて取り疲れ、水入後引分は飽き足らず。
大砲朝汐は当日第一等の呼物にて、の二本差しに行くをは右手を泉川に撓めて押出さんとし、は鋭く寄り進みてを土俵の詰に押しつけしも、はようやく耐えて寄返し土俵の中央に仁王立ち、相撲やら木石の造物やら、動きもせず仕掛けもせず水入後も行司の組みたるままにて引分は双方とも横着なり。
大戸平若湊は、前日を倒したるの事とて呼声高く、もこれに元気を添えてよく突掛け右四ツにて寄り出さんとするを、大戸は寄り戻して大戸の勝。
谷ノ音小錦は、の突き手には寄り付く隙もなく逃げつつ防ぎ居りしが、が諸手の突きに溜らずの体飛んで東溜りへ落ちぬ。

海山に逆鉾、花形同士の対戦は熱戦で盛り上がりました。掛け落としは前に攻めながら外掛けで倒すといった感じでしょうか。27歳の新関脇海山は5勝1敗と好調で脂の乗りきった感があります。勝平は長く十両に定着していますが、現代と比べてはるかに体格の小さい当時の相撲界にあってなお小兵、肥満型の梅ノ谷戦は潜り込んで足を取り快勝しました。将来の名横綱も小兵のスピードと技の前になすすべ無かったようですね。前日は1横綱2大関が全員敗れる波乱でしたがこの日は安泰。

明治30年春場所星取表
スポンサーサイト
【2009/04/14 10:32】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治30年春場所7日目 (東京朝日新聞/明治30.2.16) | ホーム | 明治30年春場所5日目 (東京朝日新聞/明治30.2.14)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。