スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年夏場所9日目 (東京朝日新聞/明治29.5.30)

○土俵のかずかず
高浪梅ヶ崎は、の左四ツにて押切るを詰にてうっちやりの勝。
唐辛玉龍は面白き取組にて、の一本背負をは二度まで残し水入後引分け。
若湊一力は、のはたきをは泳ぎながら右足を取て引倒さんとせしも利ず、水入後引分は案外の大相撲。
外ノ海鬼ヶ谷は、のはたきて巻かんとするをは外して敵の体崩れしに付入り送出すを、寄り返さんとしたれど功を奏せず鉄砲にての勝。
天津風海山は、が矢先はたきをは泳いで右四ツとなり、左差の逆投げにての勝は見事見事。
鳳凰小松山は、の右差に小松は手も出されず難なく押出されたり、これにて鳳凰は九日間土つかずと決まり時事新報社の賞牌をもらう旨行司は披露せり。
大碇小錦は、の引落しを残して突張りたる時、一寸が危うかりしもすぐに寄返して突出したり。
松ヶ関岩木野は、手四ツより片手車にて睨み合い、相四ツに成りて遂に引分。
荒岩高ノ森は、の左四ツを崩さんと足を取る時、体を引きながら引落しての勝。
横車鬼鹿毛は、が十八番の左四ツに渡られて遂に釣出されの負。
逆鉾不知火は、少し立ち遅れしもすぐ二本差にて押切り、おまけに詰にて一寸釣り邪険にも土俵の外へ投げ付けしは何か遺恨でもある事か。
若島大蛇潟は、本日第一の大相撲にては右上手大蛇は左の前袋を取り、釣りと投げとの力競べ、水入後は二本差し大蛇は右差にて揉合いしのち遂に引分。
越ヶ嶽楯甲は、の右差をは右に首をまき左をさして外掛に行き巻き倒したり、のこの手は外掛崩るればすぐに首投に行くべき両天秤の妙手なりき。
源氏山谷ノ音は、突合いての飛込むを素早く肩透しにてはたき落したり、これにて源氏も九日間土つかず時事新報の賞牌を得たり。
朝汐大纒は、右四ツにて苦もなく押出しの勝は呆気なし。

九日間きれいに全勝した力士はいませんでしたが、鳳凰が1預かり、源氏山が1分け1預かりの他すべて勝ち続け、新聞社から賞を受けました。この時事新報はのちに国技館が出来た時に優勝掲額を始めた新聞社で、早くから力士の表彰に積極的だったようです。まだ優勝という概念が無く表彰は2名です。鳳凰は2場所連続で幕内最優秀成績、大関昇進の切符をつかみました。小錦も立派な横綱ぶり、朝汐は地味ながら7勝で東西の充実ぶりの差が出てしまった感があります。

明治29年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/11/18 14:04】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治29年夏場所千秋楽 (東京朝日新聞/明治29.5.31) | ホーム | 明治29年夏場所8日目 (東京朝日新聞/明治29.5.29)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。