スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年夏場所6日目 (東京朝日新聞/明治29.5.22)

○土俵のかずかず
唐辛鉞りは、鉞りのはたきを残し押切ての勝。
逆鉾松ヶ関は好相撲ならんと思いの外、の突手にて苦もなくの負は敵の勢いに呑まれた形。
横車狭布ノ里は互角の力士、狭布の左四ツにて押来るを足癖にて防ぎしも、の十八番なる矢倉にて釣出されたり。
高浪不知火は、の左四ツ掬いにて敵は土俵の外へ倒れたり、年は取りても達者なもの。
荒岩若島は、この相撲一番で場代の値打ちはあると見物が大よだれなりしも無埋ならぬ好相撲、拍手喝釆の声に埋れながら立上るやの左差にて押すをは右上手にて防ぎ、次にの右筈に行くをは防いで二本をさしたれば最早勝利はの物と思う間もなく、は下手投を打てやや極らんとする時、の体の浮きしを見てもたれ込み同体に流れての勝は大喝采、の為には遺憾なりし。
若湊楯甲は、が一本背負か襷掛に行かんとするをは外して逃げ、は後さまに追かけ反りを打ちはなおもこれを逃げながら反りを引き外して倒しくれんと飛びすさる足元すでに土俵を踏切りし時、も自分で後へ倒れたり、よって団扇に上りしをは承知せず物言つきて預りとなりしも、星は
天津風鬼ヶ谷は、の左差を泉川に撓め出して天津の勝。
朝汐海山は、強敵と見てが堅くなりし様子ありしが、やがては左四ツには例の合掌をきめ捻倒さんとするをは堪え、やがて掬を打て極らず遂に上手にて釣出しの勝は見事見事。
大碇源氏山は、源氏の元気に引替えは放蕩に身を持ち崩し財布と共に体量も減じおれば所詮かなわじと思うに違わず、源氏のはたきにはのめッて倒れたるを物言付て預りしが、星は源氏のものなりと。
小天龍高ノ森は、の手取り中々面白く一本背負に行くを小天は引外して左差に行き、はこれを土俵際に体を廻して避けながら襷に掛けて反りを打ちしも、小天が横さまに飛び去りしため極まらずかえってはまた外されて後へどっさり、この手を称して独り反りともいうべきか、何しろ愛敬のある相撲なりき。
梅ヶ崎当り矢は、の烈しき突手を引外して飛び違いにはたき当りの勝は目覚ましかりき。
鬼鹿毛外ノ海は、左四つにて寄切りの勝。
大蛇潟玉龍は、大蛇が左筈にて寄切りしため大蛇に呑まれたり。
大纒響升は、が左筈にて押すをは防ぎながら上手にて首投を打ちしも極らず、揉合ううちに踏切ありての勝。
越ヶ嶽一力は、のはたきを残して押出しの勝。
鳳凰谷ノ音は、の左四ツ右差にて釣出されの負。
小錦小松山は、テンで相撲にならずエイと一声小松は元の溜りへ追返されたり。
・さてまた昨日(七日目)の大相撲は雨天にて途中より休業。

○相撲のかずかず
大戸平は最早病気全快せしを以て本場所打ち揚げ次第鳳凰を大関の相手とし海山大砲を関脇として愛宕下町の花相撲を打ち、それより近県へ赴く。
・この頃力士の三幅対というもの出来たり、すなわち気の早きもの朝汐楯甲若島。気の永きもの源氏山鳳凰高浪。立ちの遅きもの大蛇潟外ノ海越ヶ嶽。立ちの早きもの小錦海山逆鉾。づるいもの不知火唐辛響升。人気もの荒岩梅ノ谷松ノ風。愛敬もの大碇相生帆柱。手取もの勝平谷ノ音高ノ森など是なり。
・力士養成所の若手力士は修業も積まざるうち酒色に耽るもの多しとて年寄連中にてこれが取締法を考案中。

荒岩と若島は新進気鋭、1敗同士でぶつかり注目を集めました。好勝負でしたが一瞬の隙を突いて荒岩逆転勝ち、見事でした。若湊は反り技を連発、後ろ向きのまま攻め切って勝ってしまいました。突っ張り得意の若湊にしては珍しい勝ち方です。業師・高ノ森(たかのもり)も反り技を仕掛けましたがこちらは相手にかわされて自滅。独り反りですか(;・ω・)結びは小錦圧勝、元々実力第一人者ですが今場所はひときわ内容が素晴らしく、初日を除けば過去最高の出来栄えではないでしょうか。最後の記事はそれぞれの力士の個性を分類、なかなか興味深いです。

明治29年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/29 23:17】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治29年夏場所7日目 (東京朝日新聞/明治29.5.26) | ホーム | 明治29年夏場所5日目 (東京朝日新聞/明治29.5.21)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。