スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年夏場所5日目 (東京朝日新聞/明治29.5.21)

○土俵のかずかず
高浪小天龍はいづれも老功の力士、穏やかに立上るやは左四ツにて掬いを打ちの負。
玉龍鬼鹿毛は、が敵の前袋を取り右にて首を巻き上下より絞りしも利かず、水入後引分け。
外ノ海梅ヶ崎は、が右相四ツにて挑むをが蹴返し体の浮きしに付入り押出しての勝。
若湊小松山は、の突き来るを外しはたき込で小松の勝は綺麗綺麗。
越ヶ嶽谷ノ音は、の右差し左四ツをは右上手巻き左差しにて防ぎ、更にさし替えては二本差しのまま巻落し、は掛けもたれにて同体に落ち団扇はに上りしも物言つきて預り。
朝汐大蛇潟は、が立ち後れて防ぎ手となりしに付け入り、右を胸へ押当ててこれまで土つかずの剛の者を難なく押出した大蛇は健気もの。
小錦大纒は、何の苦もなく突出しての勝。
唐辛升田川は、の引落しを残して左差しに押すを、は体をかわしてもたれ込みしも物言つきて預り。
松ヶ関狭布ノ里は、が右相四ツで行くを狭布内掛にかけたれど利かず、次いで蹴返すも利かず、はただ押手の一点張り水入後引分。
逆鉾荒岩は当日第一の好相撲、が左差しで寄るを敵に防がれ再び仕替えて突かんとする時、は体を外しながら突落しての勝は大喝采。
楯甲響升は、の左差しをは左筈にて右上手を以て殺しつつ攻めたれど、遂に押出されての負。
若島鬼ヶ谷は、の左差しをは巻いて押合い水入後右相四ツとなり、の押しをは一旦残したれど遂に突張を咽輪にかけられて押出されの負。
源氏山海山は、これも当日の好相撲にて大喝采の内に登場し、突合いし後源氏は左四つの右差しにて得意の手に取組たれば、の左四ツ右上手巻も更に功を奏せず苦もなく下手投にて源氏の勝。
鳳凰一力が立ちおくれとなりたれど、とても叶わぬ勝負と諦めてやそのまま取組みしに、果して鉄砲二本にては土俵の外へころり。
大碇天津風は、の左四ツにて押すをは残して右四ツとなり、左筈にて押すをは耐え同じく左筈にて攻めしもは体をかわして防ぎ、水入後引分となる、の出来いよいよ悪く以前とは月鼈の相違あり。

当ブログ開始の明治13年から十両以上にいた力士でまだ残っているのは元常陸山の出羽ノ海だけですが、この日から休んでとうとう引退してしまいました。振り返ればこの16年間で相撲記事も増え、読み取れる相撲場の雰囲気もずいぶん変わってきた感じがします。時代は刻々と流れていきます。さて場所は中盤に入り好取組も増えてきました。逆鉾に荒岩は新入幕vs十両ですが次代を担う名人同士、場内盛り上がりました。源氏山に海山は全盛バリバリの怪力同士、得意な体勢に持ち込んだ源氏山に軍配。大碇今場所は受け身に回ることが多く苦戦しています。

明治29年夏場所星取表

西前頭1・海山太郎
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/20 15:31】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治29年夏場所6日目 (東京朝日新聞/明治29.5.22) | ホーム | 明治29年夏場所4日目 (東京朝日新聞/明治29.5.20)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。