スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年夏場所4日目 (東京朝日新聞/明治29.5.20)

○土俵のかずかず
唐辛当り矢は別に手のなき相撲にて、ただ突き合いしのち当りが左差しで行くを釣出しての勝。
若島狭布ノ里は、待った数回にて立上るや狭布は壊中を狙うて飛びつくをは受け止め突出しての勝は、待ったの時間よりも短かりき。
楯甲逆鉾は、当日第一の好相撲にて名乗の上るや場中破るるばかりの大喝采あたかも凱旋師を迎うるに異ならず、双方念入に仕切り十五六分も経ちて立上るや互いに突合いの寄せ来るをは廻りながらはたいて逃げんとするを、はすかさず鉄砲にて突行きが危うく残して廻るを、は左四ツにて押行き土俵の詰にて掬い投げをきめの勝は見事見事。
海山越ヶ嶽は中々の大相撲にて、が閂にて左右より絞りしも大兵の相手ゆえ更に利かず、次いでは手早く双手をさして押し行くやは金太郎の火事見舞という顔色でこれを堪え顔に巨浪打たせおりしは気の毒なりし、されどもとうとう堪え通し引分となりしはの仕合せ。
鳳凰大纒は、左さしにて何の苦もなく掬い出しての勝。
大碇若湊立ち後れしも受け答え、しばしは挑み争いしも遂にの鉄砲にての負。
荒岩横車は、が左筈の右四ツにて釣身に行くをの釣は得意なりと合点して一生懸命にこれを防ぎ、隙を狙うて肩透しの勝は大喝采。
梅ヶ崎玉龍の双ざしをが巻込んで釣出すと、さながら木偶をあつかうに異ならず、脆しというも愚かなり。
不知火響升は、が右筈の左四つにて押行くを敵は廻り込んで前袋を引き、内掛にてもたれ込みしための負は面白かりき。
小松山外ノ海は、が素早くもぐり行き右足を取って倒したは余り綺麗でアッけなし。
朝汐一力は、立上るやの横頬を張りしため怒って双手に鉄拳をかためウンと一突き、敵の胸板突きぬくばかり突きたれば何ぞ堪らんは土俵の外へけし飛んで胸の痛みをさすりいたり。
谷ノ音天津風は、の出おそきよりは得意の左四つにて押行き、敵が巻返さんとするをいっかな許さず例の十八番の内掛にての勝、この手にかかりしは不運の力士なり、はこれにて大いに面目を改めたり。
小錦大蛇潟は、が詰より一尺ばかりの所まで土俵を譲って仕切らせんとするに、大蛇も笑い出して仕切り直すなどの大愛敬あり、水呑み百遍の誹りも受けずすぐに立上るやエイエイエイの三声にて敵を突出しの勝は当然なるべし。

○相撲に一千円を賭す
・近日取組むべき海山逆鉾の勝負につき土佐出身の某紳商と鹿児島出身の某豪客とは一千円の賭けを試むるよし。

快進撃の逆鉾は早くも大人気で4連勝を飾りました。この4日間、内容も素晴らしいです。海山は越ヶ嶽を仕留めそこねて引き分け。金太郎の火事見舞とはどれほど真っ赤な顔だったんでしょう(;・ω・)朝汐も豪快に4連勝ですがグーパンチで胸板を殴っても反則にならなかったのでしょうか?仮に反則だとしてもこの時代おそらく反則負けという概念は無く、何かあったら物言いがついて預かりになりますが、この取組の場合は力の差が歴然としていて物言いもつかなかったのだろうと思います。そして最後は公然と賭博の記事(;・ω・)

明治29年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/14 10:03】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治29年夏場所5日目 (東京朝日新聞/明治29.5.21) | ホーム | 明治29年夏場所3日目 (東京朝日新聞/明治29.5.19)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。