スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治28年夏場所8日目 (東京朝日新聞/明治28.6.15)

○大相撲
松ヶ関不知火は、立上り知火二本差しをは右上手を引き左に敵の右を絞りて揉み合い、知火より足クセに行くを残りて寄り切りの勝。
鬼鹿毛松若は、の右を取り小手投げにての勝。
一力天津風は、左筈に行くを天津は泉川にて撓め出さんとする事再三、もよく堪えて離れ左を差すを天津は又もや泉川にて撓め出さんとし、残りて水入後再びつがいは双差しとなるを天津は絞りて寄らんとし、勝負果てしなく引分。
大纒鉞りは、立上り鉞りの左差しをは泉川にて撓めしも効なく、鉞り双差しとなるをは閂にて締め付けたりしが遂に寄り倒しての勝。
大碇北海は、二三合突き合いは危うかりしも辛く残りて、は二本差し遮二無二寄るを廻り込み小手投げ美事に極りの勝は大喝采なりし。
・「中入後」雷山若島は、突合い右筈にて押出しの勝。
梅垣関ノ音は、左を当て捻りての勝。
小天龍唐辛は、立上り突合い互いに巻き合いて押し出さんとし競り合ううち水となり、後も同様にて勝負付かず引分。
鬼ヶ谷狭布里は、が激しく突き立てるをは危うく残りしも右筈にて押し出しの勝。
高浪岩木野は、右を差すをは左上手を引き右は敵の左と巻き合い、が引落しを試むるを残りたれば再び引落しに行くをの残るはづみ、後を見せたればすかさず送り出しの勝。
小松山高ノ森は、立上りの一本背負い外れて左四ツとなり、が腰を据えて寄り来る所を小松は土俵際に残り逆投げを打ち小松の勝。
鳳凰出羽ノ海は、左差し寄り切っての勝にて打出し。

場所も終盤ですが上位力士はほとんど休んでしまい、唯一大碇が出ましたが北海に敗れて初黒星、結びで鳳凰が勝って締めくくりましたが見所の少ない一日でした。新入幕で星の上がっていない鉞りは大纒に勝って2勝目。大纒は先場所に続く大敗でかつての勢いが無くなってしまいました。

明治28年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/05/30 20:46】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治28年夏場所9日目 (東京朝日新聞/明治28.6.18) | ホーム | 明治28年夏場所7日目 (東京朝日新聞/明治28.6.13)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。