スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治28年夏場所5日目 (東京朝日新聞/明治28.6.11)

関ノ音鬼ヶ谷は、立上り突合いが左筈にて押すをは外して反対に左筈にて押し出さんとするも、は堪えて廻り込むを送り出しての勝。
出羽ノ海高浪は、右を差すを出羽は右筈にて押すを、が堪える所を突き落し見事に決まり出羽の勝。
不知火一力は、手四ツにて競り合い右四ツ上手下手にて揉み合いは上手投げを打ち、残りて知火より腰投げを打つこと再三は危うきを残してまた上手投を打ち、残りて揉み合い水となりのち再びつがい互いに投げの打ち合い、知火はアワヤ土俵を割らんとせしも辛く残りて腰投を打ち知火の勝。
若湊鳳凰は、双方激しく突合い右差し寄り倒しての勝。
響升谷ノ音は、右を差すをは左上手を引き右筈にて挑み合い、は機もあらば釣らんとしばらくためらううち水となり、のち互いに呼吸を計りて動かず引分。
越ヶ嶽大戸平は、右を差すを大戸は敵の差し手を巻きたればは左に首を巻き足クセに行くを、大戸は体を預けたればは倒れて大戸の勝。
西ノ海海山は、立合いに西は立ち後れ待ったならんと思いのほかそのまま立上りたれば、は左を差し直ぐ寄切っての勝は満場破るるばかりの大喝采なりし。
・「中入後」狭布里梅ヶ崎は、右四ツ狭布が足クセに行くを残してより引落しを試みしも効かず、狭布は再三足クセに行かんとせしも効なく、水入後も同手にて勝負付かず引分。
響矢唐辛は、立上りの右をタグり込み押し出しての勝。
松若大蛇潟は、一二合突き合い右を差すを大蛇は左上手を引き右は敵の左に巻きて揉合い、合四つとなり大蛇は釣らんとせしもはよく堪えて右四つとなり、水入後大蛇は必死に釣らんとしは足クセに行かんとし、互いに残りて取り疲れ引分となる。
鉞り鬼鹿毛は、鉞り左筈にて押すをは危うく残し廻り込むを鉞りは勢い込んで突掛け来るを、突落し見事に極まりの勝。
天津風小松山は、左四つ釣り出して小松の勝。
高ノ森大砲は、は幕内力士中の小兵にしては無上の大兵なれば両力士の土俵に上るや満場大笑拍手のうちに立上り、が激しく突き掛くるも更に構わず突き出しての勝。
千年川大達は、左を当て押し出して千年の勝。
玉龍大碇は、突合い突出しての勝にて打出し。

2日間休んでいた西ノ海が再出場してきましたが、破竹の勢いの海山に敗れてしまいました。海山は全勝。西ノ海持ち前のやや雑とも言える取り口が仇となった形です。大砲は大小対決を制して全勝、入幕以来いま一つ安定しなかった大砲ですが、ついに本格化の兆しでしょうか。大達はついに5連敗となり引退します。大碇が結びを締めて調子が上向きになってきました。

明治28年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/04/26 22:54】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治28年夏場所6日目 (東京朝日新聞/明治28.6.12) | ホーム | 明治28年夏場所4日目 (東京朝日新聞/明治28.6.11)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。