スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治28年夏場所3日目 (東京朝日新聞/明治28.6.8)

○大相撲
関ノ音高浪は、立上り左四ツが一心に寄るをは危うくも土俵際に踏み止り、ウッチャりての勝。
岩木野一力は、が左を差さんとするをは逃げながらハタキしが、その時の体廻り危うかりしも残りて二三合突合い右四ツとなり、より寄るをも巧みに廻り込み大揉みに揉合い大相撲となり、は引落しを試みしがも辛く残りて水入後、再びつがい双差しとなるをは上手二本を引き釣らんとし、もよく防ぎしが効なく遂に釣出しての勝は当日中の大相撲なりし。
越ヶ嶽鳳凰は、右四ツが寄り来る所をは廻り込みながら掬い投げ見事に極まりの勝。
若湊大纒は、立上りすぐ捻りての勝。
玉龍谷ノ音は、右を差すをは泉川にて撓めしもは其のまま寄るを、は堪える途端腰砕けての勝。
出羽ノ海大戸平は、二三合突合い右四ツとなり、釣り出して大戸の勝。
西ノ海大蛇潟は休み。
・「中入後」鉞り梅ヶ崎は、激しく突合い突出しての勝。
響矢小天龍は、立上り突張り合いは敵の足を取らんとせしも効なく、突張りて小天の勝。
高ノ森鬼ヶ谷は、突張り合いが勢い込んで突掛るをは一本背負いに行くを、外して送り出しの勝。
不知火海山は、立上り不知が左を差すをが巻き込みながら寄りしが、不知は危うく残り廻り込み二本差しとなるをは其のまま釣出さんとせしも残りて、不知より腰投げを打ちしも利かず互いに激しく揉合い逆投げにて見事の勝。
響升大達は、右四ツ苦もなく寄り切っての勝。
北海大砲は、二三合突合いすぐ突き出しての勝。
千年川小松山は、立上り一寸突合い小松右を差し左は敵の差し手と巻き合い互いに金剛力を出して押し合ううち、千年は引落しを試み小松は危うく残りながらかえって引落しにて小松の勝。
天ツ風大碇は、左四ツにてはしきりに寄るを天津はよく防ぎ互いに寄り合い、双差しとなり寄るを天津は廻り込みまた左四ツとなり揉合い、水となり後激しく寄合い大相撲となり、勝負に果てしなく引分にて打出し。

越ヶ嶽(こしがたけ)は調子よく3連勝、鳳凰までも倒して先場所の勢いが続いています。新入幕は鉞り(まさかり)ですが黒星続き、内容を見ても幕内は少し家賃が高い(荷が重い)ような感があります。西ノ海が休場、入れ替わって大碇が登場してきましたが相手を攻めきれず引き分けのスタートとなりました。

明治28年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/04/16 22:37】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治28年夏場所4日目 (東京朝日新聞/明治28.6.11) | ホーム | 明治28年夏場所2日目 (東京朝日新聞/明治28.6.7)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。