スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治28年春場所9日目 (二六新報/明治28.1.24)

○回向院大相撲
高ノ森関ノ音は、左四ツに組みて挑み水入りて引分。
鬼鹿毛猫又は、の左差しにが右手を引かけ小手投げを打つ。
海山大戸崎は、大戸の左差しを海山双の手に巻き込んで充分にころして隙を窺う、大戸の進退するにすべなく隙もあらば差し手をぬかんとすまううち、大戸の差し手を勢いこんで深く突込み、しかして抜かんとするとたん海山の打ちたるスクイ投げの見事に極まる。
小錦大碇は、手先に二三度突き合いの左をささんと進むをが突きはなし、入り乱れて激しく競り合い左四つに組むかと見る間によりひたひたと寄り詰めたるは力の入りし相撲なりき。
・中入後、大泉出羽ノ海は左四ツに組み、せり合い水入りてよりが釣らんと攻め立てたれど勝負の見えざれば遂に引分となる。
一力小天龍は、突合て手車を組み互いに隙を窺い、小天のはじき残ってまた手車を組み、水入りてより勢いよく跳ね合ううち小天の突き出す諸手を一力掴んで引きしためあわれや小天膝をつく。
若湊雷山は、突合いて雷山湊を土俵際まで突き詰めの危うかりしが辛く残して突き戻し、二三合する間に雷山が敵を一ハタキにハタキ込まんとして、残るとたんが敵の足を取りて突き出したるはきたなき相撲。
響升大纒は左四つに組みて挑み、寄り倒しての勝。
北海小松山は左四ツに組みて挑み、寄り出して小松の勝。
朝汐谷ノ音は、より立ちかかるがまったを入れるかと思いしに、さはなくがぬっと立ち敵の差したる右を撓めて寄り進む、アワヤの土俵を割りしかと見る間にの危うく残して体を入替えながらワタシこむ、団扇はに上るこの時西溜りよりのよせたる時に踏み切りありと物云いを付け、この勝負預りとなる。

1敗同士の頂上決戦は小錦が快勝して実力第一人者ぶりを見せてくれました。関脇朝汐は先場所に続き好成績。上に2人いるためになかなか昇進できませんが、すでに大関級の力士と言えるでしょう。元関脇の若湊は7連勝を達成して久しぶりに好成績です。対照的に小天竜は不名誉な9戦全敗記録となってしまいました。新聞の星取表は勝ちを●、負けを○で表していてちょっと変わっています。

明治28年春場所星取表

二六新報掲載の星取表
時事新報掲載の星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/03/10 22:08】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治28年春場所千秋楽 (二六新報/明治28.1.25) | ホーム | 明治28年春場所8日目 (二六新報/明治28.1.23)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。