スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治28年春場所8日目 (二六新報/明治28.1.23)

○回向院大相撲
両國大泉は、立合中が化粧立ちに立かかり横そっ頬を叩きたるに、両國真面目に憤り出しの横つらを打ちかえす、そして自分の顎を幾度かおさえて外れはせぬかと試みるもおかしく見物は一同に笑う、両國躍起となり立合に気をいらちあたかも鵲鶲の天の浮橋の辺りに尻尾を上下に動かす如き身振するもおかしく、ヤット立つや両國の左さしをがその手を取りて撓め出さんとす、両國さはさせじと防ぎてよらんと進む、アワヤが踏切りたるかと見る一刹那が見事にウッチャル団扇はに揚がる、両國より物云いを付け預りとはなりたれど勝星はのもの。
一力出羽ノ海を送り出し。
大戸崎越ヶ嶽は、立合にが左を差してしゃにむによって来る、大戸その手に右を引かけ絞り上げて防ぎとめる機会左四ツに組みて挑み、水入りてより互いによらんと揉みぬき大相撲となりしが大戸の力や優りけん遂に寄り倒して勝たるは満場大喝釆。
大纒若湊は、突合いて突出しの勝。
小天龍北海は、立合に突き合ううち北海敵を引きよせて左を差すよと見えしが、苦も無く寄り詰めて勝。
大碇朝汐は、これが第一の好取組なれば両人の土俵に入ると共に満場の喝采湧くが如し、かくと両人は念入りに仕切りヤット立つやいな左を差す、のその手に右手を充分に引掛け小手投を打つ、のコリャ堪らぬと体をかわして防ぎたれど堪らずの追出ちに打し小手投げ見事に極まる。
・中入後、若島関ノ音は突合て若島より無二無三に押詰め、アワヤの土俵を割りしかと見る間に辛く残して押戻し、二三合競り合ううちの踏み込んで突き倒し。
鬼鹿毛響矢は、左四ツに組み水入りて引分となる。
小松山今泉は、左四ツに組みて釣り合い小松が釣上げてよって来る所を、が土俵際に堪えて釣返して釣り出したるは力の入りし大相撲なりき。
鳳凰響升は、立合いすぐ左を差す、その手を撓めて撓め出す、土俵際に捨て身を見せたれどこの時すでに遅く団扇はに揚がる、が無理に物云いを付けて土俵を下らず、よって土俵の上だけ預りと。
谷ノ音海山は、すぐ右四ツに組み廻しを引き合い、組みたるまま少しも動かず・・・・・・水を入れてより毫も動かず勝負の見えざれば遂に引分となる。
大砲小錦は、立合に互いに右を差して挑みはじめパッタリ右四ツに組み互いに寄り詰めんと競り合いしがの勝手悪しかりしか、あろう事か体をクルリと廻しながら右の差し手を引抜き、敵のあわてて躊躇する所を突出さん計略と覚えたり、敵も近頃中々技量の上達せしかとその手は喰わぬと腰を引きて寄り進む、いらちてそんならこうだと一ハタキにハタキ込む、この時満場の騒ぎ例うるにもの無く、しばしは鳴りも止まざりき、櫓太鼓の打出す音に促されてカッタカッタ(太鼓の縁を叩く音)太鼓の音はテンデンバラバラ。

両國がユーモラスな動きを見せていますが、おそらく本人は真剣にやっているのでしょう・・立ち合い不成立なのに張り手の応酬とは(;・ω・)さて破竹の勢いを見せていた大碇は朝汐の小手投げに屈して初黒星。前日朝汐を倒した大砲は小錦の早い動きの前にバッタリ。この辺の上位陣の星の潰し合いはなかなか見ごたえがあります。小錦は以前にも相手の前でクルリと一回転してみせましたが、実に独特な技ですね。

明治28年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/03/07 12:29】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治28年春場所9日目 (二六新報/明治28.1.24) | ホーム | 明治28年春場所7日目 (二六新報/明治28.1.22)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。