スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治28年春場所初日 (二六新報/明治28.1.15)

○回向院の大相撲
・一昨十三日より開場、当日日曜日なりし故か興行初日としては近年に見ざるほどの大入なりき、殊に当場所は土間桟敷の場代を割引し特別席一人三十八銭を二十五銭となし、一等席の二十五銭を二十銭に、二等席の十五銭を十銭に、三等席の七銭を三銭に減し木戸銭の一人十銭は例の如くなれど新たに子供札を六銭に売り出したるは是までに見ざる破格なり、かく場代を減したる一の原因は西の大関大戸平等の病気欠勤と世の不景気を年寄共の洞察せしによるならんか、さて例によりて当日の勝負及び勝負の評を左に掲ぐ。
海山笹島は、立合に海山の少しく立ち後れたるにも構わず左四ツ手に組み、二三合挑むと見る間に海山敵の差したる左に右手を引かけ、ひと捏ねこねて捻ぢ倒したるは小手投のまがい、こねなげなり。
北海出羽ノ海は、立合に北海より突出す右手を出羽がたぐりこんで一本背負いを打たんと背負い掛かる機会北海の体を充分にアビセ掛てモタレ込みたるため、哀れむべし出羽の腰砕けて敗を取る。
鳳凰高ノ森を苦もなく突出し。
千年川唐辛は、右四ツに組み二三合挑むと見る間に辛子千年を釣上げて一廻りながら釣出さんと土俵際まで寄りすすむ、千年の右足土俵にかかるやいな左足に外掛して組みたるまま千年上になりて倒る、団扇は千年に揚がる、辛子より無理に物云いを附けて預りとはなりたれど勝星は千年の物。
越ヶ嶽谷ノ音を立合にすぐ押切る、けだしの立ち後れなり。
小錦小松山は、立合に小錦左を差して寄り切りたるは見栄えなき相撲。
西ノ海小天龍は、手先に挑み西より寄り進むを小天の引きはづして逃げんとする一刹那、西が左にはじきたるため哀れの腰砕けて敗を取る。
・中入後、玉龍升ノ戸は立合にが突出す右手をたぐり、土俵際に体を入れ替えながら突出したるは綺麗な相撲の手。
響升は、司天龍の左手を取て寄り切り。
大達大戸崎は、左四つに組み大揉みに揉み合い、水入りて又も揉み合いたれど勝負のいつ果つべくとも見えざれば遂に引分けとなる。
外ノ海梅ヶ崎は、はじめに二三合突き合いの両手をの胸にあてて土俵際まで押し付る、の土俵に足を踏掛け押し返さんとするとたんの引戻しながら又も諸手をあてて土俵際に押付け、アワヤ今ひと押しと云う一刹那、の体を入替えながら右手にの高股を取て見事にウッチャル、の二度まで敵を土俵際まで攻め寄せ思わざる敗を取りしを残念に思いしか、物云いは付けたれど預りと披露せしは土俵の上だけ。
一力大纒は手先に挑む一力より寄り進む、が土俵に踏みこらえる機会一力右手にの高股を取り、渡しこまんとする所をがかさにかかって押潰したるは気の毒にもまた哀れなり。
朝汐鬼鹿毛は、が左をさして寄て来る所を一息と突き飛ばす。
若湊大碇は、立合には体を潜め両手をの胸にあてて押出さんとす、のあてたる諸手を下より軽く押さえ付けてヂリヂリと土俵間近まで押し付けたり、のコリャ堪らぬと当てたる手を引ぬきながら左にかっぱじかんとせしかど、この時遅くの体をあびせ掛てモタレ込みたる手の早く、遂にの土俵を割ての勝相撲となりしは中々の大相撲なりき。

今場所は入場料金がかなりの値下げ、子供料金も新しく設定されました。こういう細かい改革は明治相撲界の得意とするところです。西ノ海と小錦が元気に登場していずれも持ち前の取り口で勝利。見栄えの無い相撲というのはあっけなく一方的に決着がついてしまったという意味でしょう。西方は大戸平と大砲が休んで新関脇の大碇に重圧がかかります。新入幕の一力と梅ヶ崎(うめがさき)は健闘むなしく黒星発進。

明治28年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/02/19 21:48】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治28年春場所2日目 (二六新報/明治28.1.15) | ホーム | 明治27年夏場所千秋楽 (二六新報/明治27.5.27)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。