スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治27年夏場所5日目 (二六新報/明治27.5.18)

○回向院大相撲
・昨日の五日目は、よりの好天気と神田祭中商工の休業者の観者も多く、概して大入の方なり。
不知火唐辛は、立合に右を差す唐辛その手を泉川に撓めて挑むうち不知火その手を突付けて預けたるまま左手に内枠を掛けて捻る。
大泉鬼ヶ谷は、左四ツの廻し引きの大競り合い、水入後なおも競り合いたれど双方取疲れて引分。
越ヶ嶽響矢、左四ツに組み寄り詰めての勝。
海山大纒は当日二三好取組中の一にて、両人の土俵に入るやと呼び海山と叫ぶ声場中沸くが如し、かくて両人は形の如く踏切りヤット立つやパッタリ左四つに組み、寄りつ寄り返しつ(満場拍手喝釆)挑み最後に海山より寄り進むをが堪える機会、海山が打ちし掬い投げの見事に極まりたるは中々の大相撲なりき。
外ノ海大戸崎は、左を差す大戸その手を捲き込みて挑む、より厳しく攻め立てたれば大戸防ぎかね遂に土俵際まで突き詰められたり、コリャ堪らぬと右手をの差し手に掛け一こね捏ねて土俵外へ捻り出す。
若湊大碇は、立合に左を差して寄り進む、右手をの首に巻き首投げを打たんとする機会、が突放したるため首にまきたる手のスルリと抜けて突き出さる。
朝汐小松山は、左四ツに組み上手下手に廻しを引きて挑むうち、小松を引提げて釣出さんとして残り、なおもが釣出さんと進むを小松が土俵に突き戻さんとすまいたれば、の烈しく攻め立てたれば堪らず土俵を横に五六歩渡り遂に寄り詰められての勝となる。

現代でも盛大な神田祭ですが、仕事は休み、相撲も休み、と当時はそれ以上に盛大で重要な祭であったことがうかがえますね。内枠というのはたまに出る技の名前ですが、相手の足を取る技でしょうか。大纒と北海が敗れて全勝は朝汐だけになりました。海山と大纒のホープ対決がアツいですね。記事にありませんが大戸平も敗れ、かつて平ノ戸という名で花形力士だった御用木は現役最後の土俵でした。
神田祭の歴史(神田明神HP)

明治27年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/01/25 00:18】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治27年夏場所6日目 (二六新報/明治27.5.22) | ホーム | 明治27年夏場所4日目 (二六新報/明治27.5.16)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。