スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治27年夏場所3日目 (二六新報/明治27.5.15)

○回向院大相撲
・一昨日三日目は日曜日と云い久々にての好天気なれば殊の外に大入なりき。
大泉両國は、両國を釣出して勝。
高ノ森出羽ノ海は、左手の大競り合い水を入れて分。
越ヶ嶽鬼鹿毛は、左四ツに組みが差し手を抜きて出し投を打ち、残る機会に諸手に廻しを引き釣らんとして残り、水入りてより又もが釣らんとする時、が体を押付けたるための腰砕けての勝はひろいもの。
天津風大纒は、立合いが両手を筈にあてて押切。
外ノ海大達は、立合にが例によりて突出し居る拳固には立合う気を奪われ待手をする数回、観者も待手多きに厭き果ててを冷評する声場中クスクス然たり、の冷評に堪りかねヤット立上りながらの左手を引ぱり込まんとするを、がソリャならぬと体を廻さんとするとたん、横なぐりに突きたるため土俵をかけ出す。(記者云う、も余程老いたり)
海山大碇は、当日二三の好取組なれば観者のこの相撲如何ならんかと固唾を呑んで待ちたる甲斐もなく、立合うやいなが左手をあてて押出したるは見栄え無き相撲。
朝汐御用木は、左四ツに組みより寄る御用木足癖を巻きて支えたれど、堪らず上手投を打て勝。
高浪梅ヶ崎は、突出しての勝。
大蛇潟唐辛は、大蛇より左を差して寄り倒し。
若湊小天龍は、突出しでの勝。
雷山大戸崎は、左四ツに組て挑み上手捻りにて大戸の勝は是非もなき勝負。
北海小松山は、押切て北海の勝。
今泉大砲は、左四ツにつがい寄り出して大砲の勝。
千年川鬼ヶ谷は、手四ツに組みて挑み水入にて引分。
鳳凰大戸平は、右四ツに組み二三合挑むと見る間に大戸敵を充分に引寄せて釣出し、当日の相撲を打出す。

西ノ海・小錦がいないと何となく締まらない感じがしますね。幕内の枚数を増やしてまで5人が入幕しましたが、ここまでは苦戦の様子。先場所活躍の鳳凰も大関には通じず。新小結大碇は新進の怪力海山(かいざん)に快勝してまずまずの調子です。朝汐は3連勝と順調ですがあまり強敵とは対戦しておらず、当然の結果と言えるでしょう。躍進中の大纒は今場所も連勝スタートで注目されます。

明治27年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/01/20 23:03】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治27年夏場所4日目 (二六新報/明治27.5.16) | ホーム | 明治27年夏場所2日目 (二六新報/明治27.5.13)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。