スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治27年春場所6日目 (二六新報/明治27.1.12)

○回向院大相撲
・昨日の同相撲は殊の大入にて、取組の中にも大戸崎小錦に勝ちたるが本年第一の奇観にて愉快なる場なりき。
一力鳳凰は、中入前一二の好取組にて見物の気込みもよく何となく物騒がしき景状なり、かくて両人の立上るや五六度突合いは敵の左差しの得手なるを気構え差させじとすまう、こなたは左を差さねば勝手あししと入乱れて挑むうち、一力左を思うままに差し込み脇三つを引き攻め掛る、鳳凰も右手に廻しを引きよらばすまわんと挑み合ううち、一力右の手を放しながら出し投げを打つ、鳳凰こりゃ堪らぬと腰を突けて防ぎたるため、一力が三つを取りたる手の外れて思わざる敗を取りたるは残念なるべし。
小松山朝汐は、右四つに組みより寄らんとすまう、小松は敵の勢いをささえかね体を左右にかわして防ぎ止めんとす、朝汐左に力を込めて上手投を打って残る機会に諸手を差し釣出しての勝。
大纒西ノ海は、がこの相撲は一通りでは行かぬと注文せしにや立合より荒れにあれて、突掛る西は左右の手にをおさえ付けて進む、その手を引張り込みて泉川に撓め出さんとす、又もが振り放さんと荒れかかるをそんならこうだと首投に行く、がそれもいやだと振り放さんと体を廻すとたん西が横ざまに突飛ばしたるは中々の大相撲。
大泉高ノ戸は、かねてが注文を付けて相撲せしにや、がヤット左を差したる手を抱え込み、逃げながら引廻し土俵際に捻り倒したるは面白き勝負。
小錦大戸崎の相撲は、がまた例によって一突きに突出すかなど相手が相手ゆえ見物も冷淡に見過ごし、帰り支度しながらしかし勝負如何ならんかと立合を待つ、しかるにヤット立つや左手を一ぱいにさして寄り進むアワヤ大戸の土俵を割りしかと見る間に、さはなくして大戸土俵際にて体を廻しながら同じく左を差して残しつつ今度はあべこべに大戸より無二無三に押出さんと攻め立る、流石のもこの勢いに辟易せしかささえながら土俵を二三歩横に渡りながら防ぎ止めんとすまう、大戸がなおも一生懸命に烈しく押掛るゆえの防ぎかね大戸を鷲掴みに掴みて左に見事うっちゃりたれど、この時遅くもの踏み切り早く、行司はの踏切を見損じ大戸の突き手を見て団扇をに上げたるため西方の溜りより物云いを付る、見物は総立ちとなり行司を罵り煙草盆を投げ座布団を飛ばし布団は土俵の上に堆積して岳をなし、中にも気早の酔客は行司に迫らんとする様未曾有の大騒ぎ、数名の警官は土俵の廻りを警固して検査役の相談を保護するなど実に筆紙に尽くし難き騒ぎにてありき、検査役共は東西に奔走してようやくこの勝負に付き行司の見損じたる事を判定し、改めて大戸崎に団扇を上げる、力士行司警官等の保護を得て各々部屋に入りたるも勝負付を売り出すまではなかなか騒ぎのしづまらざりき、勝負付を売出してより観客もようやく静まりて太鼓の音と共にテンデンバラバラ。

冒頭にも記されていますが大戸崎が小錦を撃破、会心の相撲なのに行司の誤審騒ぎで大変なことになりました。結果的にはきちんと白星をもらえて大戸崎もホッとしたでしょう。現在でも座布団が飛ぶことはありますが行司に迫る観客というのはちょっといませんね(;・ω・)全勝は西ノ海と鳳凰、大達は白黒なしの5分け1預かりという極めて珍しい成績で来ています。前日の記事に書かれたように引き分け狙いなのでしょうか?

明治27年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/12/31 02:28】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治27年春場所7日目 (二六新報/明治27.1.13) | ホーム | 明治27年春場所5日目 (二六新報/明治27.1.11)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。