スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治27年春場所4日目 (東京朝日新聞/明治27.1.10)

○大相撲四日目(昨九日)は朝から曇天なりしゆえ如何あらんと気遣いしには似ず、面白き取組もありしためにや中々の好景気にて、相変わらず近衛徳川の両公その他の貴顕をも多く見受け、初日以来の大入なりし。
鬼鹿毛大蛇潟は、大蛇左を差し寄らんとするをは防ぎつつ投げを打ちしも利かず、そのまま寄り切て大蛇の勝。
一力高ノ戸は喝釆の声裡に立合い、は一寸ハタキ諸筈にて寄り倒しの勝。
御用木若湊は、の差し手をは泉川に掛んとせしも利かず、右筈にて押切りの勝。
小松山北海は、二三合突合いは左を差し小松は右上手を引き、が寄り来たるを小松は二度まで危きを残しつつ投げを打ちしも利かず、大相撲となり水入後小松はまたもや投げを打ち一寸危うかりしも立直し、が遮二無二寄り来るを危うくも土俵を廻り寄り返す途端に投げを打ち同体に倒れ、団扇はに上がりしも物云い付きて預り、但し星は小松なりし。
出羽ノ海響升は、一寸突合い左四つとなり双方動かず水となり、のち暫くためらいつつ出羽は一寸寄らんとせしのみにて矢張動かず、ついに引分となれり。
大碇外ノ海は、右四つにてより寄来るをは堪えつつ土俵際にてウッチャリたるも先に倒れ大碇の勝となりしも、物云い付きて丸預り。
朝汐大戸崎は好取組なれば見物一同は固唾を呑み勝負如何と見てありしに、両力士は気合よく立合いスグ左四ツとなり、大戸は寄来るをは防がんとするを渡し込んで大戸の勝は大喝采。
大砲今泉は、左を差したるをは振り放して互いに小手先にて争いつつ、ついに左四ツとなりは寄切らんとアセリしも功なく、ついに押切って大砲の勝。
西ノ海鬼ヶ谷は、泉川にて振り放し西の勝。
・(中入後)小天龍雷山は、突出して雷山の勝。
知恵ノ矢海山は、左四つ知恵が足クセに行かんとするを突放し突出して海山の勝。
大泉越ヶ嶽は、左四つ双方釣り合いが必死と寄り来るを残し、水入後揉合いしも勝負付かず引分。
大纒玉龍は激しく突合い、突合ううちはハヂキては倒れしもに踏切ありての勝。
司天龍鳳凰は、突合い突き倒しての勝。
高浪千年川は、左差しにて寄り倒し千年の勝。
大達谷ノ音は、右四つにて谷得意の内掛をは堪える途端同体に流れ団扇はに上りしも物言い付て丸預り。
小錦天津風は、突出しての勝にて打出し。

天候に恵まれず、数日ぶりの開催です。今泉は先場所好成績を残しましたがその後脱走していたようです、番付から名前が消えていたのですがこの日から復帰、幕内格番付外で出場します。朝汐は昨日に続き完敗、どこか悪いのでしょうか?勝った大戸崎は好調で3勝目。谷ノ音はまたも預かりで今場所早くも2個目。
明治27年春場所星取表

西関脇・大砲万右衛門
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/12/26 22:44】 | 大相撲 | コメント(2) | page top↑
<<明治27年春場所5日目 (二六新報/明治27.1.11) | ホーム | 明治27年春場所3日目 (東京朝日新聞/明治27.1.6)>>
コメント
お早う御座います!

194cm、後年横綱に昇進して、当時、史上最長身の横綱でしたね!此の画像からも、背の高さが偲ばれます。矢張り、でかい!

【2007/12/27 07:57】 URL | まろすまし #w7AR/07Q[ 編集] | page top↑
そうですね~
幕内力士でも170cm台前半が主流の時代ですから、頭一つ抜けてますね。
ちなみに入幕からここまでの通算成績は10勝12敗、運良く昇進していますが本当の実力がつくのはまだまだこれからですね。
【2007/12/28 00:00】 URL | gans #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。