スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治14年夏場所9日目 (東京横濱毎日新聞/明治14.5.28)

・昨日、回向院九日目の相撲は見物千六百六十二人なり。
・中入前、藤縄長山は立合申し分なく藤縄は下へ潜り相手の足を取り、手もなく藤縄の勝となれり。
千勝森大纒ははでやかに立合いて最初は刎ね合い、後は手と手にて渡り合い、大纒はしきりに相撲を仕掛け元気盛んに取るものから、名打ての荒相撲千勝森も少し気を呑まれしにや、妙手も出でずただ大事のみ取ると見えし時、水の入り大纒の方に痛みありて引分となれり。
響矢千羽ヶ嶽は難なく立合い、千羽ヶ嶽は相手の左右とも引張り込み閂を掛けひたすら捻り倒さんとすれども、響矢は両手にて廻しを取り動かざりしが隙をうかがい左手を抜きて相手の左腕にあてると其のまま押切りて勝となれり。
梅ヶ谷若島梅ヶ谷の勝なりき。
・中入後伊勢ノ濱若山は、伊勢ノ濱少しく後れて立ちしが、若山はすぐ押し切らんとせしかど、伊勢ノ濱も左右なくは踏切らず土俵に足を掛けて堪えしを、若山は早くも相手の右足を取り、あびせかけて勝ちを得たるは十分の出来なりし。
勢イ小武蔵は双方立合のやかましき相撲ゆえ、見物はこの相撲こそ容易には立つまじなど言い合いし所、互いに力を入れて立上ると勢イは立ち際相手を「ハジキ」て向こうへ廻り、相手の両脇へ手を差したる時、小武蔵は踏み切ると同時に待てと声掛けたれば、早や行司の団扇は勢イの方に揚がりたるゆえ、勢イは名乗りを受け優々と土俵を下りたるに、小武蔵はいかなる訳にや未だ立たぬ相撲なりとてなお取り直さんとするにぞ、四本柱の年寄の種々説き諭し師匠高砂も立入りて漸く小武蔵をなだめ、土俵より下ろしいよいよ勢イの勝となれり。
入間川稲ノ花は難なく立合い、二ツ三ツ刎ね合い稲ノ花は左手を差したるに、入間川はなお右を差されん事を防ぎ居たるに、稲ノ花はうまく右を差し双手の廻しに達するやいな、すぐさま相手を釣り揚げてあびせ掛け勝を得たり。
手柄山武蔵潟は引分となれり。

本場所が始まっても、お構いなしに淡々と更新するブログです(笑)大詰めの九日目だというのに何故か観客が激減してしまいました。天気悪かったのでしょうか?しかも大関同士の取組の描写がひどいことに(;・ω・)やはり若島は体調不十分で相撲にならなかったのかも知れません。立ち合いにうるさい力士、言い掛かりもかなりうるさいようで(;・ω・)高砂といえば後年、自分の弟子に有利な物言いをつける事で悪名を馳せましたが、この時はまだ大人しかったようです。

明治14年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/07/09 23:08】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治14年夏場所千秋楽 (東京横濱毎日新聞/明治14.5.29) | ホーム | 明治14年夏場所8日目 (東京横濱毎日新聞/明治14.5.27)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/29-e5af8dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。