スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治27年春場所3日目 (東京朝日新聞/明治27.1.6)

○大相撲三日日(昨五日)は朝から雪を催し折々ちらつきて寒気も非常に強かりしかば如何と思いし見物も割合に入りがありて、且つ相変わらず徳川近衛の両公その他の貴顕にも多く来観されしが、午後よりは本降りとなりたるに入掛もやと気遣いしところ首尾よく取り切り一同大満足なりしと。
越ヶ嶽小天龍は、烈しく突合い突き出し越ヶ嶽の勝。
玉龍天津風は、双方暴れ廻り揉み合ううちトッタリにて見事玉龍の勝。
海山大纒は、烈しく突き合いは首投を試みし時、はイヤダと首を縮めたのでの手がスッポ抜け腰を突き大纒の勝は面白かりし。
外ノ海司天龍は、突き合い司天右をさし押切って司天龍の勝。
千年川小松山は、突き合ッて左四ツとなり揉み合い土俵際にて千年棄て身を打ち、同体に流れ団扇は千年に上りしも物言い付き預り。
若湊谷ノ音は、右四ツに渡り揉み合ううち合四ツになり、間もなく得意の足クセにて巻き倒し谷ノ音の勝。
小錦鬼ヶ谷は、立ち上るや突き出しての勝。
西ノ海高浪は、右さしにて押し行くを泉川にて撓め掬い投げて西ノ海の勝。
・(中入後)響矢知恵ノ矢は、突き合いて二本ざしとなり釣り出して響矢の勝。
大蛇潟一力は、一力が右筈を大蛇は左手に巻きつつ防ぎ揉み合ううち水となり、再びつがい挑み合いは小手投を数回試みたれど大蛇は必死と防ぎ、勝負に果てしなく引分。
大達大戸崎は、大戸の左筈をは巻きて揉み合い大戸は寄らんとしは下手投げに行きしも極まらず大相撲となりしが、勝負に果てしなく取り疲れて水となり、再びつがい挑み合い引分となりしは力の入りし相撲なりし。
北海大泉は、左ざしにて寄り切り北海の勝。
響升御用木は、の左ざしをは泉川にて撓め防ぎしも下手投げにて響升の勝。
鳳凰大碇は、一寸左四ツになりしが突放しは得意の右ざしに行かんとするを、はハタキが危うく残せしをすかさずハタキ込んで鳳凰の勝。
朝汐出羽ノ海は、の二本ざしを出羽は閂にて絞りつつ寄り倒し出羽の勝は案外。
高ノ戸大砲は、立ち上るや突落して高ノ戸の勝。

大戸平欠勤の理由
・西の大関大戸平が今度の大相撲に出勤せぬはどういう訳かと尋ねるに、同人は昨年の五月場所に小錦に敗を取りしより、この次こそは勝ちを制せんとの志をいだき昨年中より身体を養い稽古にも念を入れていたりしに、図らずも石痳病にとりつかれ男根を切りさきて身体疲労に及びたれば、大相撲へ出勤などは思いも寄らず、されども本人は勇気昔日に異ならず御贔屓の方々に対しても出勤せねばならぬと言いしかど、師匠尾車はイヤイヤさにあらず生中病気中の身をおして負越しにでもなる時はかえって日頃の贔屓に背くならん、とて堅く出勤を止めしかば、大戸平も遂にその意に従いしものなりとか。

雪の中の開催となりました。今とは違い屋外ですから、力士たちは寒そうですね(;・ω・)西方は期待の大碇と大砲が2敗目を喫する中、先場所好成績を残し初めて上位に躍進した大纒(おおまとい)が3連勝と気を吐いています。大達は今場所よく動けていますが3日連続引き分け。朝汐はどうしたわけかベテラン出羽ノ海に完敗してしまいました。

明治27年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/12/23 13:22】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治27年春場所4日目 (東京朝日新聞/明治27.1.10) | ホーム | 明治27年春場所2日目 (東京朝日新聞/明治27.1.5)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。