スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治26年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治26.1.24)

○回向院大相撲
・一昨日十日目は、例年と異なり幕の内力士の顔触れ等ありしを以て場内立錐の余地なき程にて、珍しくも黒田伯などをも見受けたり、さりながら当日幕の内力士の取組はいづれも無責任なれば戯れながら觝う者多く、むしろ花相撲の方優れるなり。
大碇大蛇潟は、左四ツ離れて右四ツ水入りのち引分。
出羽ノ海響矢は、右差しヨリ切りて出羽ノ海の勝。
鞆ノ平知恵ノ矢は、右四ツヨリての勝
大纒外ノ海はもっとも戯れし如く、トッタリを打つやら小手ナゲで振り廻すやら、結局左四ツドウデモヨイと外掛けで倒れの勝。
鬼鹿毛北海は、左四ツ下手ナゲでの勝。
高ノ戸若湊は、引落さんとするを付入り押切りての勝。
司天龍今泉は、左四ツ投げの打合い同体流れ預り。
平ノ戸外ノ海は、左四ツ上手ナゲでの勝。
大泉達ノ矢は、は稽古でもなす心得にや差し手を外し又はソト掛けをなすに敵の腰に掛けたり、ことに突張りながら倒れての勝は嘔吐を催せり。
響升朝汐は、左四ツヨリての勝。
大戸平谷ノ音は右四ツヨリて大戸の勝。
大達小錦は、左四ツヨりて小錦の勝、時に相生弓取を演じ、それより飛付き五人抜き及び小錦に五人掛りをなしたるに、五人目の越ヶ嶽にウッチャラれの勝。
・右終わりて左の好相撲あり。
大 碇(踏切リ)大 泉
今 泉(ヨリ) 若 湊
大 纒(ヨリ返)響 升
外ノ海(突出シ)高ノ戸
朝 汐(上手投)平ノ戸
達ノ矢(押切リ)司天龍
終わりて打出しとなり、無事に千秋楽の相撲を打納めたり。

改進新聞社が買い切った千秋楽です。西ノ海ら何人か出ていない力士がいるので、予告からはいくらか取組変更になっています。本場所全休の大達がナゼか出てきていますが・・内容的にはまさに花相撲といった感じのようです。給金等に影響が無いことになっていたのでしょう。吐き気がするほどふざけてますか(;・ω・)同じ方屋同士(東vs東、西vs西)の対戦があったりして番外的なので、星取表からは除外して考えるのが妥当かと思います。

明治26年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/21 18:30】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治26年夏場所前 (東京朝日新聞/明治26.5.13) | ホーム | 明治26年春場所9日目 (毎日新聞/明治26.1.22)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。