スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治26年春場所6日目 (毎日新聞/明治26.1.19)

○回向院大相撲
・昨日五日目の同相撲は、相変わらずの大景気にて午後二時頃に至りては早や立錘の余地なく、貴顕方には近衛公その他を見受けたり。
大蛇潟小松山はいづれもちから力士なれば到底目覚ましき相撲にはなるまじと諦めたるに、果して左四ツにつがい大蛇は一寸肩透かしを試みしが残りて右四ツに変じ、それより互いに仕掛け来るを待ちて毫も動せざれば検査役は水を入れてのち前の如くつがい、少し挑み合いて引分。
鳳凰出羽ノ海は、左差しで付入りしを出羽は上より絞り小手なげを打ちし時は敵の体危うかりしが、残し挑み合いヨリ切りての勝。
知恵ノ矢外ノ海は、突合ううち知恵は敵の鉾先もっとも鋭ければ争って当るべき土俵を開いて逃げとするトタン、踏込み来り突出して外ノ海の勝。
北海平ノ戸は、敵が左差しで来りしを引張り込み例の蹴タグリを試みんと企てしも、はこれを察知して始終予防する有様なればもヤケダと更にヨリ身となりて攻め付るを、土俵際でヒネリ北海の勝は老いたりと云うべし。
大碇大泉は、左差し勢い込んでヨリ来るを土俵際で廻し込み大泉の勝。
朝汐高ノ戸は、立上りは襷に行かんと付入る際、体を変じ小手ナゲで朝汐の勝、朝汐にしてかく臨機の措置は感服。
千年川大戸平は、右四ツ釣出して大戸の勝は是非なし。
西ノ海司天龍は、立上りざまは敵の面部をシタタカ擲ちし途端左差となりしを、西引張り込みし際司天首を巻き足クセモタレんと試みしが、解きて泉川で撓めつつ手強く突放して西の勝。
響矢勝平は、突合ううち腰クダケ響矢の勝。
小天龍高浪は、左四ツ小天右ハズで攻め付けヨリ倒したるトタンウッチャリて団扇はに上りしも、物言い付いて預り。
大纒音羽山は、突張りて大纒の勝は無造作無造作。
今泉鞆ノ平は、左四ツ挑み合い水入りてのち揉み合いしが、下手ナゲで今泉の勝。
鬼鹿毛若湊は、突張りての勝は珍しきかな、が昔日の得意にて勝を得しは本年初めてなりと溜りでの評。
達ノ矢響升は、左をアテ押切りて響升の勝。
小錦谷ノ音は、難なく突出して小錦の勝で打出したり。

記事の冒頭に五日目とありますが、六日目の間違いです。それにしても近衛さんは一体何回相撲を見に来ているのでしょう(;・ω・)徳川さんと二人でほとんど毎日来ているような印象ですが、とてもうらやましいです。上位陣はいずれも白星先行、特に小錦と大戸平の充実ぶりが目立ち、両力士ともキャリア中の最も全盛の頃と言って良いのではないでしょうか。平幕ではこれといった好成績者はなく、今場所の興味は上位陣、これから東方の三強vs西方の大戸平に注目です。

明治26年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/12 00:50】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治26年春場所7日目 (毎日新聞/明治26.1.20) | ホーム | 明治26年春場所5日目 (毎日新聞/明治26.1.18)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。