スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治26年春場所2日目 (毎日新聞/明治26.1.15)

○回向院大相撲
・昨日二日目は午前のうち客足はかばかしくなかりしが、午後二時頃よりふつふつ来場者ありてほとんど前日に劣らざる景気となれり。
勝平天津風は、方今頭角を現したる幕下力士中もっとも錚々の聞こえある力士の立合なれば場内おのずから人気立ちて見えたり、さて力士は無造作に立上り勝平左差しこれを絞りて右をハズに当て押し切らんと攻付るを、は解いて一仕事せんと体を逃がしてモガケど前日谷ノ音さえ取挫いたる天津なれば勝平などはものともせず、挟み付けしままネジリ倒して天津の勝は末たのもしき力士と云うべし。
鞆ノ平北海は、突合いは右差しヨラんとするを、巧者にも肩透かしを見せて防ぎ右四ツとなりしに、にわかにの顔変じてさながら赤鬼の如く、観客は此の早変わりに一驚しアレヨアレヨと云い居るうち高砂は行司をして引分けしは、全く立合の際突合うはずみに打ちしものかの面部より出血したる次第なり、はこの出血に少しく驚きしが何時になく渋面を作りて土俵を下りしが、かえって愛嬌となりて大受け。
大泉出羽ノ海は、右四ツヨリ倒して出羽ノ海の勝。
鬼鹿毛千年川は、敵が左差しで攻め来るを上より巻き込み足クセ・・・・・・小手ナゲを打ちしに充分ならざればかえって体を崩したり、時に得たりと渡込み千年川の勝は僥倖。
谷ノ音高浪は、左差しヨリ来るを少しく立ち後れたれどかねて汚なびれし力士ならねばヨイショと耐えし時はほとんど危うかりしが、一寸と撓めてこれを防ぎしには一生懸命勝を占めんと攻め来るに、首を巻き内掛けモタレ込んで谷ノ音の勝。
鳳凰朝汐は、当日屈指の相撲なれば好角家はいづれも張り肘して其の立合に注目せり、力士は丁寧に仕切り立上り左四ツにつがい、ヨリ来るを上手を引き釣り身となり得意の上手ナゲにて朝汐の勝は関脇の価値充分。
西ノ海音羽山は、左を引張り込み形の如く泉川で西の勝はお役目ご苦労。
今泉小天龍は、突張り合ううち如何しけん滑りて小天龍の勝はの粗忽粗忽。
高ノ戸外ノ海は、右差しで土俵際まで攻め来る時ヒネりての勝。
若湊小松山は、互いに突合い左四ツヨリ切らんとするを小松は廻り込みてこれを残し、差し替え諸ハズ遂に押出して若湊の勝は大相撲なりし。
司天龍響矢は、足クセモタレ込んで司天の勝。
知恵ノ矢響升は、左四ツは右をアテ難なくヨリ切らんとせし時は敵の体危うかりしが、は例の足クセを巻きて防ぎしをは少しく侮りし様子にて一切構わずなおヨリ倒さんとせしを、かえって巻き倒し知恵の勝はあっぱれあっぱれ、実に知恵の足は侮れずと力士は呟けり。
大纒達ノ矢は、左四ツヨリ倒しての勝。
大戸平大蛇潟は、右四ツにて大蛇付入りしを、差し替え二本差し釣出して大戸の勝。
小錦平ノ戸は、右ハズ押出し小錦の勝で打出したり。

大関八幡山は前日の負傷で休場となってしまいました。鞆ノ平は流血による痛み分け、この鞆ノ平は常にその表情を描写されて愛嬌者と呼ばれています、現代の高見盛にも通じる人気ぶりだったのでしょう。この日は響舛は敗れたものの他の役力士たちは堂々たる相撲で勝ち、観客も満足したことでしょう。

明治26年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/04 17:30】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治26年春場所3日目 (毎日新聞/明治26.1.17) | ホーム | 明治26年春場所初日 (毎日新聞/明治26.1.13)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。