スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治25年夏場所5日目 (毎日新聞/明治25.6.9)

○回向院大相撲
・昨日五日目の同相撲は人々の待ち設けたる大砲西ノ海の顔触れなれば、好角家は我れ先にこれを見んとて午前九時頃より回向院に詰掛け詰掛け午後一時頃に至りては場内寸地を余さざる程にてありし、此の日貴顕方には徳川公、近衛公、伊達伯、渡辺驥氏等の方々を見受けたり。
響矢大蛇潟は、いづれも立合に汚なき力士なれば観客もあらかじめこれを想すといえども昨日の如きは実に数回なれば遂に満場を怒らしめたり、さて力士は立上り左四ツ釣出して響矢の勝。
立嵐高ノ戸は、右差しヨリ行くを引き外し手四ツとなりて睨合いしが、離れて左四ツ足クセモタレ込んで高ノ戸の勝。
今泉知恵ノ矢は、右差しこれを絞りヨリ来るトタン前袋を取りズブネリで知恵ノ矢の勝は実に凄まじき働きなり。
達ノ矢大纒は、立上り左差し引張り込んで泉川にて極めんと挑みしを、足クセで防ぎ一寸離れ二本差し釣出して達ノ矢の勝。
谷ノ音外ノ海は、突合い一本背負に行きしがハヅレたれば右を差さんと挑むうち突出して外ノ海の勝。
西ノ海大炮は、拍手喝采に迎えられ無造作に立上るや一寸突合いたるに満場にわかにどよめき喧々擾々、西は左を差してヨラんとするをは上より挟み堪えしを、西はスクイ投げを二三度打てヨリ切らんと付け入るを突放して西再び左差しとなり、はこれを絞り右を撓め合い挑みしうち水入りて、のち西スクイを見せし敵がイヤダと堪えし所を出しナゲて西ノ海の勝、満場再び喧擾。
大泉音羽山は、立上り左差し泉川にて極出さんとせしも、渡込んで音羽山の勝。
千年川鞆ノ平は、立上り少し立ち後れ千年無残にヨリ来るを防いでヨリ返し、左四ツ釣り身でヨリ来るとき土俵際にてウッチャリて千年に団扇を上げしより、満場行司の誤りなりとてにわかに鬨めき、遂に苦情起りて預りとなりしが星は千年の方となりし。
司天龍出羽ノ海は、上手下手にて左押さえ挑み合ううち、は無闇に釣り身となりしを出羽下手ナゲにて防ぎ、水入りてのちは出しナゲを打ち出羽は堪えて下手ナゲとなりて引分は充分。
朝汐平ノ戸は立合い右差し、引掛け足クセでヨリツツナゲを打ちしが突き手ありて朝汐の勝、時に自身に苦情を付けて土俵を下らざれば検査役東西に奔走して、星は朝汐に付し預りとはなりぬ、相撲社会に苦情の流行は観客の迷惑、かかる弊害は取締並に検査役にて矯正の法を講せざれば自然同社会の不利益なりと或る人は云えり。
大戸平大達は、二本差しヨリ倒して大戸平の勝。
小錦鬼鹿毛は、立上り突出して小錦の勝にて打出したり。

小錦大炮の人気
・目下力士中剛のものと云えば西ノ海小錦大戸平大炮朝汐の五人なり、なかんづく大炮の如きは昨今メキメキと力量体格とも増して西の両力士をもおさおさ凌ぐべき勢となりしゆえ好角不好角を問わずこの顔触れを初日前より待ち設け居たる有様なり、さればにや本日は大炮小錦の取組なればこれを見んとて相撲茶屋へ二三日前より付込む人々なかなか多く、高砂屋一軒にても六十八ヶ所よりの申込みありて高砂屋方にては場所のなきに苦しみ、さりとて華主の旦那場ゆえ断る事もならず、すこぶる閉口し居るとの事なるが、小錦の人気はまた大なりと云うべし。(6.12)

注目株の大炮はついに横綱西ノ海との対戦の日を迎えました。観客は相当にぎわっている様子ですが、当然でしょう。対戦の方はまさに熱戦でしたが、水入り後に最後はベテランの技術で勝ったというところでしょうか。大炮に力負けしていない所もさすが横綱という感じですね。破竹の新鋭と横綱との対戦、これは昔も今も相撲ファンの心を躍らせる、そんな場面が見られた1日でした。大炮は更に人気大関の小錦との対戦が待っており、こちらもかなりの注目を集めているようでお茶屋さんがチケットの手配に苦労している様子が伺えます。

明治25年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/10/17 21:12】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治25年夏場所6日目 (毎日新聞/明治25.6.14) | ホーム | 明治25年夏場所4日目 (毎日新聞/明治25.6.8)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。