スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治25年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治25.1.16)

○回向院大相撲
・昨日十日目の同相撲は流石に藪入なれば常の千秋楽に比すれば景気よき方なり、また貴顕方には徳川公のみ見受けたり、実に貴顕方好角連の統領だけありて千秋楽の相撲にまで来臨せらるるとは有難き事なりと同社会のものは喜び居れり。
大炮柏森は、立合いは足取りに行きしを踏張りて右四ツ、ヨリて大炮の勝。
天津風松ヶ関は、右四ツにつがい揉合い水入りてのち挑み合い引分。
猫又立嵐は、二本差しヨリ行くを、足クセ防ぎ左四ツヨリ来るを棄て身にて、物言い付き預り。
高千穂高浪は、立上りざま突倒して高浪の勝。
大碇大蛇潟は、右差しヨリ来るを大蛇泉川にて撓めしが、渡込んで大碇の勝、時に梅勇は大碇に代わり拍手喝采の内に弓取りを演じ終りて、目出たく千秋楽の相撲を打ち納めたり。
・また同相撲は木戸十銭を五銭に値下げ、殊に改良に付いて種々の費用を要し、稍々六千円ばかり上らざれば計算相立たずと内々年寄中心配し居りしが、意外の大入にて興行中の収入六千円以上に達したりと云えば幾分かの純益ありしならんという。

ある意味今場所の人気を引っ張った大炮は8勝目、来場所は幕内でどんな活躍を見せてくれるでしょうか。天津風(あまつかぜ)松ヶ関(まつがせき)高浪(たかなみ)大蛇潟(おろちがた)など、次代の幕内中堅力士たちも頭角を現してきました。今場所は前半の客入りが良く、興行的にはまずまず成功だったようですね。

明治25年春場所星取表
スポンサーサイト
【2007/10/03 01:49】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治25年夏場所新番付発表 (毎日新聞/明治25.6.1) | ホーム | 明治25年春場所9日目 (毎日新聞/明治25.1.15)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。