スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治25年春場所8日目 (毎日新聞/明治25.1.14)

○回向院大相撲
・昨八日目は観客も前日より稍々減少せし如くなれど、貴顕方には毎度ながら近衛公、徳川公、伊達侯、芳川宮中顧問官等を見受けたり。
大碇外ノ海は、突張りて大碇の勝。
大纒千年川は、立上り一寸とハタキて体をすさりたるを付入り左差しとなりしを、泉川にて撓出さんとせしがヨリ切りて千年川の勝。
鬼鹿毛大達は、突合い左四ツにつがい挑み合ううち踏切りありて鬼鹿毛の勝は僥倖。
朝汐司天龍は、司天勢い鋭く立上り左差しヨリ切らんと攻立てるを、引掛けヨリ戻し敵が堪えるトタン見事小手ナゲにて朝汐の勝。
平ノ戸達ノ矢は、聞こえし足クセ角觝なるにこれに反しては非常な足クセ嫌いなれば少しく怯せし如く見えしが、立上りは果たして体を伸ばして足をカバいて一寸と突合い巻込みて進みしを、は左差し足クセとなりしを緩々として其のままハコビヨリ切りての勝は、周章せずして足を預け緩々とハコビたる手際は感服。
立嵐小松山は、左差しヨリて小松山の勝。
大蛇潟松ヶ関は、十数度化粧立の上ようやく立上るや左合四ツにつがいさながら錦絵を見る如く、少しも挑む様子なきより満場の観客は觝わざる力士なら土俵を下ろせ或いは止めよなどと罵評喧しく、検査役清見潟は水を入れて再び觝わすべしと行司に命じたるに、平常温和なる雷権太夫も余りの事とて憤然水を入るに及ばず引き下ろして分とすべしと命じ、遂に引分となりしは場所の与論を容れたるの所置感服。
大炮高ノ戸は観客の待ち設けたる取組にして、は聞こえし巧者ものなれば面白き働きをなすべしといづれも固唾を呑みつ見てあるうち、エイと立上りは腰を落して巻合い一仕事せんと思う暇もなく、一寸呼び込みハタキ込んで大炮の勝は満場寂として大炮にかかる巧みなる手があるかと暫時は顔見合せ居りしも可笑しかりき。
知恵ノ矢高浪は、左差しヨリて高浪の勝。
鞆ノ平大泉は、立上りようやく左四ツとなり離れて手車に変わり、又々左四ツにつがい揉合い水入りのち挑みて引分。
北海真力は、左差しヨリて北海の勝。
谷ノ音一ノ矢は、立上り左四ツは遮二無二攻めヨリ来るを、土俵際間近にて体を廻しヨリ切りし時は此処ぞとウッチャリしが行司はすかさず団扇をに上げたるも、苦情起こり検査役東西に馳せての方へ星を付けし預りにせんと其の理由を説明するも、溜りの真力及び谷ノ音は更に承服せず、実にこの紛紜何時果つべしとも思われざりしが、の一声事なく預りとはなりぬ。
若湊出羽ノ海は、突合い突張りて出羽の勝にて打出したり。

体調万全でない小錦は再び休み、前半好調だった八幡山も休場。場所終盤になって好取組が減ってしまった感があります。八幡山はひょっとすると前日の物言いに不満を持って休んだのかも知れません。この日も引き分け相撲、預かり相撲がありましたが元横綱梅ヶ谷の雷親方は審判としても絶大の発言力のようですね。

明治25年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/09/28 10:41】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治25年春場所9日目 (毎日新聞/明治25.1.15) | ホーム | 明治25年春場所7日目 (毎日新聞/明治25.1.12)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。