スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治24年夏場所9日目 (毎日新聞/明治24.5.20)

○回向院の大相撲
・昨日九日目の同相撲は、観客めっきり減じたるゆえか活発なる取組みなく、うち少しく面白きものだけを記さん。
大達平ノ戸は、立上りは突掛けツツ踏込み行くを一寸と突き戻し左四ツにつがい、直ぐスクイ投げを打ちしに敵は此処ぞ外すべからずと得意の外掛けモタレ込んで平ノ戸の勝ははめられたり。
大泉谷ノ音は、当日第一等の相撲なれば勝負如何にと思ううち立上り、右四ツにつがいは腰を落しヨリ身を見せ釣りたるも、敵も巧者なればこれを残しは前袋を引かんとサグリ行くも肘を張りて防ぎ水入り、のち再び釣らんとアセレバは防いでヨリ切らんと互いに競い合い、取疲れ引分。
剣山達ノ矢は、無造作に立上るやは突掛け付入るを、左を引張り込み体を廻し押出して達ノ矢の勝。
八幡山響升は、立上り八幡素早く左差しとなり攻めヨレば、はこれを上より絞り得意の右アテでヨリ返さんとすれば八幡はとっくにこれを知るより解いて更に突掛け行くを、身を廻し手強く突出して響升の勝は大受け。
若湊朝汐は、立上りざま直ぐ突張りて若湊の勝にて打出したり、八幡とも昨日まで砂付かざりしが両力士とも終りの日に敗を取りしは遺憾なるべし。

前日と同様、活気に乏しい日だったようです。ここ2日間は広角組に白星がなく相撲内容も悪かったのでしょうか、何人も出場しているのに記事に名前が全く出てきません。幕内最優秀成績は新大関の八幡山で6勝1敗2分け、東方の強豪がほとんど休場してしまったのが八幡山にとって幸運だったと言えます。土付かずのままキレイに終われず、見ている側も何となくスッキリしないのは明治の記者も同じ心境のようですね。

明治24年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/09/04 22:03】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治24年夏場所千秋楽 (毎日新聞/明治24.5.21) | ホーム | 明治24年夏場所8日目 (毎日新聞/明治24.5.19)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。