スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治24年夏場所6日目 (毎日新聞/明治24.5.16)

○回向院大相撲
・昨日六日目は、貴顕方は見受けざるも景気は至極よき方なり。
立嵐大纒は、敵の二本差しを外より絞めながら攻ヨリ来るを、防ぎツツヨリ返せばは泉川に撓めながら躊躇せし内、呼吸を見て左をアテヨリ切りの勝なりしが、に棄身ありと物言付いて預りはたとえ土俵だけといえども大纒に取りては迷惑。
芳ノ山文明は、撓め合い押切らんと一歩進めし所を、得たりと蹴返し文明の勝。
鬼鹿毛出羽ノ海は、左たすきスクイ投げでの勝。
海山平石は、敵の右差しを外より絞り居るうちは得意の右差しなれば会釈もなく押し行くを、もくせもの肩透かしで防ぎしにあくまでヨリ切らんと付入るを、ヨリ返しツツヒネリて平石の勝。
若湊達ノ矢は、の突張りを如何して避けんとしきりに考案を廻らし居る如くなりしが、果して敵より一歩早く立上り押し行くをはエンヤと耐えしまま付入り来るを、はハタキて攻行きし時は充分勝色なりしが、敵も聞こえし剛のものなればこれを開きて直ぐ付入り、押出して若湊の勝は遺憾なる面体なりし。
響升鶴ヶ濱は、左四ツにつがいヨリて響升の勝。
八幡山北海は、左差しで烈しく攻め土俵際まで攻め来りし時、早くも体を変じヒネリて八幡山の勝。
楯甲音羽山は、左四ツは差し替え二本差しとなりて攻上げ、体を斜に縦ミツを引き釣らんと考うるうちは少しもヒルマず上手ナゲを打ちしに、は無頓着にも再びヨらんと出て来るトタン見事上手ナゲで音羽山の勝は大受ケ。
大戸平石達は、右四ツにつがいスクイ投げで大戸平の勝。
大泉平ノ戸は、左四ツ巻き替えんとして右差しとなり左手を撓め合い睨み合いしが、はナンノと云える様子にてヨリ行くをは一寸蹴返して残し、互いに押し合い水入りてのちは金剛力を出し上手をエイと引きたるにはこれを耐えんとせし時遅く此の時早く、逆に投げて大泉の勝ちあっぱれあっぱれ。
朝汐春日森は、スクイて朝汐の勝。
大達鬼ヶ谷は、得意の突張りにて攻め来りしにはほとんど危うく見えたりしが、土俵際で敵の左手を引張り込みウッチャリて大達の勝。
剣山緋縅は、右四ツヨリ来るを押し返しながらヨリ倒して剣山の勝にて打出したり。

広角組が幕内で2勝をマーク。全体的に負けが込んでいますが、所々で光るものを見せています。敗れたうちの1人、芳ノ山(よしのやま)は脱走して番付にも載っていなかったのですが、この日から復帰しました。八幡山と剣山は危なげなく勝って星を伸ばしています。

明治24年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/28 20:38】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治24年夏場所7日目 (毎日新聞/明治24.5.19) | ホーム | 明治24年夏場所5日目 (毎日新聞/明治24.5.14)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。