スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治24年春場所7日目 (毎日新聞/明治24.1.17)

○回向院大相撲
・昨日七日目は力士の顔触れと云い、殊に物日なれば午後一時頃は場内立錐の余地なき程にて一時は人浪打ちてどよめき、又は争闘を始めて巡査が制するなど非常の景気なりし。
達ノ矢泉瀧は、は敵が無遠慮にも突き入るを土俵を開いてヒネリつつ防ぎ、左四ツにつがいはナゲを打たんとせしも難なくヨリて達ノ矢の勝。
大泉真力は、右を差し踏み行くをは首を巻きて落さんとでもする手段なりしか、されど敵は差し手をハヅに当てければは腕に力ありと云える真力得意のハヅにかかりたれば、かくは一大事と巻きし手を差し替えんと少し後ずさりするうち、ヨリ身にて真力の勝は大出来と云わんよりはむしろ僥倖と云うべし。
出羽ノ海鞆ノ平は左差し、よりて鞆ノ平の勝はエライの声四方に起これり。
平ノ戸今泉は、左四ツにつがい今一寸と投を打ち、残して上手を引き引付けて外掛けモタレ込まんとするを反り身下手ナゲを打ちて今泉の勝は大受ケ。
八幡山響升は、相変らず立合い汚なく十数回化粧立の上ようやく立合い、八幡の左差しを引張り泉川に絞り揉合ううち、二本差しとなり八幡は諸に挟みて撓め出さんと土俵際まで来るを、スクイ投げて響升の勝。
小錦若湊は、の元気に引替え不出来なれば到底相撲にはならざるべしとて観客中すでに星をに付けたる人ありし、さて力士は無造作に立上り互いに烈しく突合い一寸右四ツとなりしが、離れては得意の突掛に行くをはこれに当りてはと手強くハジキたれば、は泳ぎながら敵の背後にノメリツツ後に廻りて左足をスクイしに、は何を小癪なと云える体にてハタキ小錦の勝なりしとて行司は団扇をに上げたり、しかるにをスクイし時敵はすでに腰を落したりとて土俵を下らざれば、行司及び検査役は溜りなる八幡に勝負如何にと尋ねたるに、同力士は強いて苦情を唱えざれば検査役はかかる出来事ある場合には溜りの力士が行司の指し違い如何を主張せざれば本人のみにては判断し能わざるなりとて遂に小錦の勝となり、次なる角觝を呼び上げさせしにたちまち気色を変え憤然として土俵の中央に安座して、我意の貫徹せざる以上は一歩も退かじと四方を睨みたる時は満場の観客中にはさなりさなりヨ下るな立派に物言が付くぞよなどと煽動するものあるより、いよいよ下る機会を失いいつ果つべしとも思われざりしが、検査役若藤阿武松佐ノ山なんど様々に諭してようやく下らしめたるに場内は再び鳴り声、不公平の判定なりとて火入れを土俵に投げ付けしものもありて一時は余程の騒ぎなりし、記者云う、この相撲は小錦の勝ちは当然と思えどがスクイてハタカレ肘が砂に付きし時の腰も土俵に落ちたれば自身が苦情を唱うるはあえて無理ならぬ様思考したるに、八幡苦情を唱えざるは本人の不幸と云うべし。
北海鬼鹿毛は、右差し付入るを押返しヨリて北海の勝。
千年川楯甲は、二本差し引付てヨラんとするを上手ナゲにて楯甲の勝。
谷ノ音朝汐は、左差しにて攻め行くをは残し左四ツにつがい、はナンノト押行きは押返さんと付入るを、後ずさりして小手ナゲをうちて朝汐の勝。
海山綾浪は、は左差しにて出掛けるをは首なげを打ちしが、防ぎ切返して綾浪の勝。
一ノ矢剣山は、左四ツ右ハヅにて一ノ矢の勝。
西ノ海鬼ヶ谷は、立上りは敵の突出す手を引張りしが突出して西ノ海の勝にて打出したり。

八幡山と響升は1敗同士の好取組、待ったの多さではナンバー1の響升ですがうまくモロ差しに持ち込んで勝利。小結の若湊は小錦を相手に善戦しましたが自分一人で物言いを付けても無理だったようです。角度によっては同体くらいに見えたのでしょうか、物言いを希望する観客までいて若湊としては珍しく強硬な態度でした。

明治24年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/03 13:17】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
<<明治24年春場所8日目 (毎日新聞/明治24.1.18) | ホーム | 明治24年春場所6日目 (毎日新聞/明治24.1.16)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。