スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治24年春場所4日目 (毎日新聞/明治24.1.14)

○回向院大相撲
・昨日四日目の同相撲は前日に倍したる景気にて、池田侯爵その他の貴顕方を見受けたり。
泉瀧筑波山は、が左差しにてヨリ切らんとせき立て来るを筑波は泉川で押返さんとせし時、敵は早くも前袋をサグリ寄り二本差しとなりて下手ナゲを打ちしも極らず、かえッテ打ち返し筑波山の勝。
真力出羽ノ海は、突合ううちは一二度ヒネリたるも出羽辛うじてこれを残したるは巧者の様なりしが、突落されて真力の勝は力足らざるためならんか。
鞆ノ平響矢は、右四ツヨリ倒して響矢の勝。
若湊達ノ矢は待ち設けたる角觝なれば力士が土俵へ上ると等しく場内の喧擾中々なりし、さて力士は丁寧に仕切り立上るやは専売特許と云える例の突鉄砲をカマセけるに、もかねがね期したる事なればソラこそ来たぞイデ防がんとする間もなく手早く付入り、突張りて若湊の勝は目覚ましかりし。
一ノ矢平ノ戸は、右差しスクイ投げで一ノ矢の勝は呆気なし。
剣山大泉は、左四ツにつがいは上手を引き、引付け釣り身にて持行きしはあっぱれなるお手際なりしも土俵際にて釣り返し大泉の勝は、お手際だけに一層目立ちたりと溜りでの評。
鬼鹿毛朝汐は、右四ツヨリ切りて朝汐の勝。
鬼ヶ谷千年川は、鋭く突掛くれば千年も同じく突き返し、果ては互いに突き争いの如くなりしが、は少しの隙を見て右差しに行きしを千年は此のとき付け入りエイと引きしゆえの体転じたるを、背後より突倒して千年川の勝は面白し。
谷ノ音響升は、の化粧立ち十数番に及びたれば観客も倦みて彼響升ヤメヨとの声四方に起こりしかば、も余り観客より罵詈せられしゆえ少しく怒気を含みし体にて立上り、右四ツにつがい憤然たる勢いにて遮二無二引寄せ棄て身になりしが、モタレ込んで谷ノ音の勝はかえりての僥倖なり。
八幡山北海は、右四ツはハヅに構え下より噛付きければ八幡は上より絞りツツ引付け足クセに行きしが、不充分にして掛倒れ北海の勝、当日は北海意外の僥倖ありしこれは柳橋紅裙連の総見物にて、両力士土俵に上ると彼等は八幡無論勝つべしイデ花々しく賞賛せんと幇間らしき坊主、彼方此方の芸妓の羽織帯等を集め待ち構えたるに北海の勝にて呆然たる有様も可笑かりしが他の観客は小気味よしとてに帽子羽織を投げ出したるもの中々多かりし。
海山小錦は、立上り左差しとなりしをは上より挟み、小手投げを二三度打ち敵ヲ振り廻したる時は満場にわかにどよめき渡りたるが、流石には足をハコバシこれを残してヨイショと差し手を預けつつモタレての勝なりしが、海山の働き近年に稀なり立派立派。
西ノ海楯甲は、突合いは左を差さんと付入るを引張り込みツツ突倒して西ノ海の勝にて打出したり。

先場所好成績を挙げて新関脇となった技能相撲の八幡山、女性人気もかなりのものです。得意の足技を失敗して平幕の北海(ほっかい)に思わぬ黒星、人気をやっかむ観衆?は大いに盛り上がったようですね。当時の大相撲には懸賞金はありませんが、羽織などを土俵に投げると付け人などが拾って返しに来るのでそこで御祝儀を渡す、という習慣がありました。スタンバイしていた芸者さん達はお気の毒様です。
明治24年春場所星取表

西前頭6・海山太郎
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/20 17:09】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治24年春場所5日目 (毎日新聞/明治24.1.15) | ホーム | 明治24年春場所3日目 (毎日新聞/明治24.1.13)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/228-3be60854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。