スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治23年夏場所8日目 (毎日新聞/明治23.6.10)

○回向院大相撲
・一昨日の日曜は、是迄の損耗埋めくさを為さんと待ち設けたるだけありて興行以来第一の景気なりし、観客の内には吉田枢密顧問官、府知事蜂須賀侯、その他常に見受けざりし府下二三の区長、府庁各課長属官等も大分来りし、現任知事は好角家の一人なればその僚属も随って好角家の仲間入りを為せしものか如何。
大泉外ノ海は、左差し付入り来りしをは右上手を引き左を巻きヂリヂリ押しに攻め付るを、は土俵際で防がんとせしも甲斐なくヨリて大泉の勝。
谷ノ音高浪は、左差し釣り身となりしが振り解きて右四ツにつがい、果ては合四ツとなりて一寸と睨み合いの姿なりしが、はかねて活発なれば他の力士の如く合四ツとでもなれば睨み合い限りで引分を望むような卑怯心なければ、出しナゲを打たんか或いはヤグラに掛けんとしきりに注文の様なりしが、とみてヨリ身となりしをは必死に防ぐ途端、得意の下手ヤグラにて谷ノ音の勝は愉快なりし。
真力芳ノ山は、突張り合ううちは左を差さんと付け入りしが、難なく突張りて真力の勝。
鬼ヶ谷綾浪は、無造作に立上り烈しく突掛くれば突返して逆突中々面白く觝いしが、は到底突張りは無駄と思いしものか右を差さんと付入り、遂に四ツとなり縦ミツを引きつつヨラんと攻め付るを、は振り解かんとせし様見えしがヨリ切りての勝なりと行司は団扇を同人に上げたるに、は敵に踏越しありと苦情を鳴らして一場の紛議を起せしかば、検査役玉ノ井佐野山等はこれを公平に審判せんとせしに、は見事に勝ちしかば直ぐに仕度部屋に引込み審判し難く、を再び溜りへ呼び寄せ審議の上ついに土俵限り預りとなしたるが、星は鬼ヶ谷の方なりと、実にかく華美なる勝負に苦情を鳴らすはかえって力士の不名誉なれば綾関少しく注意せよ。
鬼鹿毛瀧ノ音は、いづれも今年幕の内へ昇進せし出世相撲なれば場内は一寸景気よく騒ぎたり、さて力士は立上りは得意の突張りに行くを受け身となりしが蹴返しハタキ込んでの勝は府知事の満足。
平ノ戸朝汐は、立上り右差しに付入るをは引掛け足クセ小手ナゲを立打ちしも、体はかえって先に落ち朝汐の勝。
若湊出羽ノ海は、立合いに出羽は右を差し手強く付入るを、右四ツはの不得手なれば外して突張らんと体を逃るとき踏切りありて出羽の勝は幸い。
西ノ海八幡山は、突合ううち西は左手を引張り込んで泉川にせんとするを、巧者ナ八幡更にはまらざればやむを得ず左差し合四ツにつがい、西は首を巻きて落さんとせしが八幡下より喰い付きて離れず釣身となりしとき西少しく危うかりしも立直し、挑み合て水入りのち前の如くつがいて釣合い大相撲となりし時は場内破るるばかりの喧擾なりしが、遂に取り疲れ引分にて打出したり。

当時は「東京府」だったので府知事と言えば現在の都知事のことですが、職員や区長を大勢引き連れて相撲見物ですか(;・ω・)おおらかな時代です(笑)土俵の方は主役級が多く休んで寂しい状況ですが、結びの熱戦は見ごたえがあったことでしょう。

明治23年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/04 22:57】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治23年夏場所9日目 (毎日新聞/明治23.6.10) | ホーム | 明治23年夏場所7日目 (毎日新聞/明治23.6.6)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/222-e4e424f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。