スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治23年夏場所6日目 (毎日新聞/明治23.6.5)

○回向院大相撲
・昨日六日目はかなりの景気にて、貴顕の内には伊達侯、吉田枢密顧問官等の方々を見受けたり。
鬼鹿毛楯甲は、突合い二本差しとなりて少しく釣身となりしを、は諸に絞り小手ナゲを打ちしがはこれを残しなお釣らんとせしかば、は烈しく体を変じツツ絞り左手を差し替えんとせしに体の崩れたれば、得たりとスクイにて楯甲の勝は充分。
司天龍瀧ノ音は、はしきりと立ちを急ぎ仕掛くるもは容易に立上らず、斯くすること数回にしてようやく立上りは手強く突張りは突返しながら右差しとなりしを、は泉川に極め挑み合ううちはハヅに当てたる左手に充分力を込め一ツ振り廻したるときは左を差したるも押切りて瀧ノ音の勝、この時は防がんとして蹴返したるも敵の体重かりしよりこれに掛らざりしは残念なるべし。
朝汐鬼ヶ谷は、突合い遂に突張り合いとなりしが、の面部より出血したれば行司は早くも認め痛所ありとて引分となりしは、観客の遺憾さこそと思わる。
八幡山出羽ノ海は、右差しヨリて八幡山の勝。
鞆ノ平綾浪は、立上りは左差しとなりて無残に押行くを、は体を落としかぶらんとせしが、敵が体を開きければ少しく狼狽して右差しとなりしが、ハヅンデ小手ナゲにて鞆ノ平の勝は案外、はかぶらんとせし際が体を開きしため狼狽してついに浮足となりしゆえ、かく脆く敗を取りしと或る人は云えり。
大鳴門北海は、左四ツにつがいはしきりに押切らんと攻め付入るを、鳴門は泉川となりてこれを防ぎ挑み合ううち右を差し替えヨリて大鳴門の勝。
達ノ矢大蛇潟は、突合い二本差しとなりしを大蛇は上より釣りツツ土俵際まで持ち行きし時、ウッチャりて達ノ矢の勝。
平ノ戸高ノ戸は、右差し付入らんとするを外より巻き小手ナゲにての勝。
谷ノ音今泉は、突張り合い離れて左四ツにつがいは引付け觝わんとせしが、はこれを防ぎ大相撲となりて互いに挑み合いしが水入り、のち合四ツとなりてはヤグラナゲでも打たん勘定なりしが釣らんと仕掛るとき引分。
若湊千年川は、右四つは遮二無二行きしが、土俵際にて千年棄て身となりしが全く極まらざる前に千年の体より先に落ちたれば行司はに団扇を上げしが、西ノ海溜りにありて立派にウッチャりしと物言を付け、ついに預りとはなりぬ。
真力西ノ海は、左四ツヨリて西ノ海の勝にて打出したり。

滝ノ音は当時としては重量級のアンコ型力士で、体格を生かした突き押しを得意にしていたようです。足技も効きにくいですね。達ノ矢は2年前に幕内付け出しで出場した後に脱走していた力士ですが、復帰して十両から再出発しています。だんだん力を取り戻してきました。
明治23年夏場所星取表

東前頭10・朝汐太郎
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/06/29 22:29】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治23年夏場所7日目 (毎日新聞/明治23.6.6) | ホーム | 明治23年夏場所5日目 (毎日新聞/明治23.6.4)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/220-c3fe1b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。