スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治23年春場所5日目 (毎日新聞/明治23.1.10)

○回向院大相撲
・昨日五日目は前日より一層景気よく、常連貴顕方の他に柴原、折田、時任の各県知事警視官等をも見受けたり。
知恵ノ矢上ヶ汐は、右差しとなりて互いに巻合い、は上手を引きヨセて釣らんとするトタンに前袋をトリ内ガケモタレ込んで知恵ノ矢の勝。
真鶴出羽ノ海は、立合いは左差しとなりしもが上手を引きしため勝手悪しと一つマクリ、離れて烈しく突合ううち出羽は金剛力にて跳ね返したる時、の体ヒョロヒョロと浮き足となりし所を、得たりと突出し出羽の勝は、この力士にしてはすこぶる活発。
海山真力は、突合ううち引落して真力の勝。
大泉響升は、響例の化粧立ありてようやく立上り、は左差しはこれを掻き込み同じく左を差さんとするを、敵は上手に右をあてジリジリ押しに攻立るをは土俵際にて撓めんと防ぐうち、少し釣り身となりヨリ切りて響升の勝は一寸面白かりし。
大達大鳴門は、立上り鳴門左差しも共に差さんとするを敵は右手にて妨げ押切らんとマクリ掛け攻行くを、は最早これまでと泉川に絞り一ツ振りたる時は鳴門ほとんど危うかりしが残して、再びヨラんとせしかばは左手にてナタで攻付くるを、手早く引抜き鋭く跳返して大鳴門の勝は見事の早業と云うの外なし。
一ノ矢鞆ノ平は、立合いには左を深く差したるため首投げにての勝。
北海楯甲は、右差しヨラんとするをは防ぎながら同じく右差し、四ツとなり撓め合ううちスクイ投げにての勝。
谷ノ音今泉は、当時売出しの若力士なれば土俵に上ると等しく場内は自からどよめき、暫時は鳴り渡りたるうち造作なく立上り烈しく突合い右四ツにつがい、競い居るうちは押切らんと一歩進んでヨリ来るを今泉は切返しに行きたるも突手ありて行司は団扇を谷ノ音に指したるより紛紜を生じたるが、ついに預りとはなりぬ。
平ノ戸若ノ川は、右差しにてヨラんとせしをは泉川に絞りたるを、は跳ねほどき左四ツとなり揉合いヨリて平ノ戸の勝。
司天龍八幡山は、立合い右四ツは上手を引いて睨み合い、隙あらば引寄せ釣らんとの心組なるも八幡は少しも油断せず腰を落してヨラざれば、ただ互いに突っ立ったまでにて水入り、のち観客へ言い訳のため一寸と揺すりて引分は興なし。
嵐山小錦は、立上りは手早く左差しにて攻行くを、は泉川に掛けんとして一寸とヨリし時、これを避けんとして体を廻しながら渡し込での勝。
若湊綾浪は、立合にはヅブネリと行くつもりなりしか突然モグリしを、は一寸と突き開いて例の鉄砲を打出さんとするうちは早くも付入り左四ツにつがい攻立るを、は土俵際にてここぞ大事と防ぎしが、釣出して綾浪の勝。
西ノ海芳ノ山は、立合に左差しとなりしが泉川に絞り突放して西ノ海の勝にて打出したり。

この時代の取組描写の中で目につくのは泉川、撓めといった極め技です。相手の片腕をこちらの両腕で極めてしまう技で現在あまり聞き慣れませんが、体が大型化した今の力士には効きにくい技かも知れません。用途としては相手の差し手に対して掛ける場合が多く、今で言うとおっつけがそれに代わってよく使われている技のように思います。さて小兵のワザ師として長く幕内で活躍した上ヶ汐は今場所で引退、結果的にこの日の相撲が最後となります。

明治23年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/06/01 16:51】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治23年春場所6日目 (毎日新聞/明治23.1.12) | ホーム | 明治23年春場所4日目 (毎日新聞/明治23.1.9)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/207-3b58d0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。