スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所千秋楽 (毎日新聞/明治22.5.30)

○回向院の大相撲
・昨日十日目、北海響矢は立上り左を当てヨリ切りて北海の勝。
大泉稲妻は、立上り突合いは一仕事せんと思う間もなく左差しヨリて大泉の勝。
山ノ上泉瀧は、右をアテ突張りて泉瀧の勝。
鶴ヶ濱瀧ノ音は、左四ツにつがいは勝手悪しと差し替え右合い四ツとなりて、は引寄せ釣らんとせしもは肥満にして釣る能わず、なお引寄せ投を打ちしが残り、水入りのち互いに釣合い引分は骨の折れし角觝。
大纒黒縅は、左四ツ下手ヤグラにての勝は当然。
北國大蛇潟は、右合い四ツ水入りてのち互いに敵の仕掛け来るを待つ体にて、さのみ疲れたる様子も見えざりしが取疲れて引分なりと行司の披露はあまり感心せず。
山響谷ノ音は、右四ツより合四ツとなりて攻め合い水入りしのちは一寸とヒネりしが残り、再び揉み合い引分にて千秋楽の相撲を取結びたり。

○相撲の催し
・上野公園なる華族会館に於て来月一日、また芝公園弥生社にて同四五の両日いづれも相撲の催しある由。
○横浜の相撲
剣山一ノ矢の両関にて来月一日より賑町に五日間の興行を為すと云う。

結びの一番で勝者が出なかったので弓取りはナシです。瀧ノ音(たきのおと)は後に大阪相撲へ移籍して八陣(はちじん)と改名、現在非公認ですが横綱を務めることになる力士です。長年幕内で活躍した元柏戸の伊勢ノ海、元高見山の阿武松らが今場所限りで引退。

明治22年夏場所星取表

年寄・伊勢ノ海五太夫
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/05/20 22:38】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治23年春場所新番付発表 (毎日新聞/明治23.1.3) | ホーム | 明治22年夏場所9日目 (毎日新聞/明治22.5.29)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/201-94d3b241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。