スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所8日目 (毎日新聞/明治22.5.28)

○回向院大相撲
知恵ノ矢大泉は、立上りは諸手を差し左に前袋を取り、は上手縦三ツを引き、引寄せ釣らんとすればは体を離して競り合い、合四ツ水入りしのちはヤグラ投げを打ちしが防がれて引分。
今泉真力は、突き合い突張りて今泉の勝。
千年川上ヶ汐は、は右差しはこれを巻き込み引寄せんとせし時、は渡し込みしも敵巧者に防ぎつつ右四ツと変じ、外掛けヨリ切りて千年川の勝。
八幡山芳ノ山は、立上り八幡は左差し右をアテ、ヨラんとするをは巻き込みエンヤと堪えし其の機を外さず、巻き落して八幡の勝は巧みなる働き。
一ノ矢鞆ノ平は、立上りは烈しく突張り来る際、の体はややひょろひょろとせしが流石に立て直し、左差しスクイ投げにて一ノ矢の勝は是非なし。
響升春日野は、左差し春日は例の泉川にて撓め出さんと土俵際まで持ち行きし時、ウッチャッテ響升の勝、此の時春日野は物言を付けんとせしが検査役伊勢ヶ濱の説諭にてしおしお土俵を下りしは気の毒。
嵐山平ノ戸は、左四ツは上手を引き釣らんとする事一二度、水入りしのち外掛け押切らんと攻めしを、辛うじて残しなお揉合い引分。
若ノ川鬼ヶ谷は、いづれも烈しき力士なれば立上りは遮二無二突張り来るを、は此処ぞと土俵際にての突張を引張り込み、体を廻しながらウッチャリて若ノ川に団扇上りしが、物言付いて預り。
小錦真鶴は、右四ツ押し合いは引寄せヤグラに行かんとせしを、外掛けに防ぎ巻き倒しての勝。
西ノ海若湊は、数十度の化粧立ちありてのち、ようやく立上り突合いの左差しを泉川に極め、攻めヨリツツ土俵際にて突放して西ノ海の勝は立派なりし。

出ました数十回もの待った(;・ω・)結びの大一番ですが、西ノ海の圧勝に終わりました。西方は三役力士も元気、若手もよく伸びてきていて東方とは対照的ですね。

明治22年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/05/16 17:00】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年夏場所9日目 (毎日新聞/明治22.5.29) | ホーム | 明治22年夏場所7日目 (毎日新聞/明治22.5.28)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/199-d85d94e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。