スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所7日目 (毎日新聞/明治22.5.28)

○回向院大相撲
・一昨日の日曜は昨今まれなる好天気にて、殊に藤牡丹等も早や季節を過ぎまた人足はこれに寄りたる姿にて見物人すこぶる多く、貴顕方の来場も大分見受けたり。
大纒知恵ノ矢は、左を浅く差し右で敵の首を巻き、隙あらば巻き倒さんず勢いなりしが、はこれを巻き解き右四ツにて互いに釣合いしが、ヤグラ投げにて知恵ノ矢の勝、知恵は此の一番の勝にて給金も直り番付も張出より内へ編入せらるるよしなれば、平常の容貌に引替え気色自から満足の体なりし。
春日野泉瀧は、は無残に突掛けしを春日引張り込んで極め付けんとアセルも、敵が突張りては逃げ廻るゆえ是非なく突合いとなりしが、ついに突出して泉瀧の勝。
真鶴芳ノ山は、立合い二本差しにてヨラんとするを、は上より挟み付けしを解き差し替え左四ツとなりて争いしが、は又々二本差し、腰を落して突張りしをも此処ぞと防ぎしが、ついに預けて真鶴の勝。
嵐山鞆ノ平は、右を差しはこれを絞り、ヨレばヨセ返さんと争ううち左四ツより合四ツと変じたる時は投げを打ちしが残り、水入りしのち土俵中央に突ッ立ちしまでにて引分。
鬼ヶ谷西ノ海は、立上るやいなは得意の諸鉄砲にて二三度突張りし際、アナヤ西は踏切りしならんと思ううち、は一層烈しく突掛け行くを、横ざまに付け入りツツ突き倒して西ノ海の勝は、の心中さこそ遺憾なるべしと思わる。
上ヶ汐若ノ川は、左差しは泉川にて極め、は右をナタに当てヨラんとすれば敵は単に防ぐのみにて土俵を付け廻りし際は喝采、水入りてのちは敵が右差しと来たら一本背負に掛けんとする様子の見えしかば、は大事に防ぐばかりにて果てしなく終に引分。
真力響升は、は左差しは上よりハヅに当て押し合いしが、ついに押し切りて響升の勝。
平ノ戸千年川は、右差しは上手を引き内掛けを残して掛けの競合となり、また投げの打合いとなりしが、ついに下手投げにて千年川の勝。
司天龍今泉は、左差し右を当て押出して今泉の勝。
小錦若湊は、力士の土俵に上ると等しく数千の観客にわかに騒ぎ立ち、めいめい贔屓贔屓の力士を連呼する声は暫時鳴り止まざりしが、力士は念入りて立上りは十八番の突張りに出掛けしが、も突張り互いに突き合ううち右をハヅに構え、無闇に突張り行くを土俵際にて小手投を打ちたるが、行司はに踏み切りありしとでも認めしかに団扇を上げしより、西溜りに居りし今泉一ノ矢は踏み切りなどは更になきのみか同体落ち来りし際より早く突き手ありたりとて、暫時談判に時を移せし末、ついに預りとはなりぬ、満場の観客はの勝なりとしきりに拍手喝采して此の預りは不満足の体なりし。
一ノ矢八幡山は、立上り八幡左差し右前袋を取りしかば、は上より揉みて引き廻さんとする時早くも足クセモタレ込んで八幡山の勝は満場どよめき渡りたり。

最も観客の多く入る中盤から終盤にかけて、なかなか盛り上がってきています。西ノ海・小錦という柱がしっかりしていることや、若く新鮮な顔触れが多いことなどが要因でしょう。また力士それぞれ得意技を持っていて個性があるというのも記事を読んでいて感じます。

明治22年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/05/14 17:34】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年夏場所8日目 (毎日新聞/明治22.5.28) | ホーム | 明治22年夏場所6日目 (毎日新聞/明治22.5.26)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/198-109e3a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。