スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所6日目 (毎日新聞/明治22.5.26)

○回向院大相撲
・昨日六日目は当場所第一の景気にて、徳川公、佐々木伯、安藤元老院議官その他の貴顕方をも見受けたり。
上ヶ汐大泉は、立合いに左差し肩スカシを極める心組なりしが、突っ立ちて敵の隙を窺うにも其れと推せしものかハヅに当てヨラんと猛りしより、は内ワクを試み残りて水入りし後、は二三度ヒネリしがついに引分。
響升真鶴は、烈しく突合いは二本差しにて攻め行くを、諸に絞り釣出して響升の勝。
若ノ川平ノ戸は、鋭く当たり合い左四ツにつがい、は引寄せ外掛けにて極めんとすれば敵は下より組み付き体を開いて競ううち、が浮足となりしを得たりと下手投にて若ノ川の勝は見栄えありし。
千年川真力は、突張り合い離れて千年右差し押切らんとするを、敵は上より挟み争ううち、ヒネリて真力の勝。
小錦司天龍は、定めし目覚しき勝負こそあらんといづれも肘を張り如何と思ううち、司天は大喝一声エンヤと突掛け行くを、受るが早く右を差しながら左手にて突出し小錦の勝は、其の早業に驚きたり。
若湊常陸山は、右四ツ初めは常陸すこぶる勢よく、あなや常陸が勝つかと思いしが、さはなく上手投げにて若湊の勝は是非なし。
一ノ矢鬼ヶ谷は、は得意の諸手にて突掛けるを、も同じく突返し互いに突き合いしが、は此の術の不利なるを悟りしものか敵より突き来るを引張りながら落さんとせしも、すでに突張りての勝は勇しき勝負なりし。
伊勢ノ濱知恵ノ矢は、は二本差し伊勢カンヌキにて絞りしを、預け外掛ヨリて知恵ノ矢の勝はヨシ。
今泉春日野は、左差しは泉川に絞り外掛けヨリて春日野の勝は意外なる出来事なり。
北國伊勢ノ海は、右差しヨリて伊勢ノ海の勝は是れまた間違いし相撲。
芳ノ山鞆ノ平は、二本差しは諸に極め釣出さんとする時スクイ投にて芳ノ山の勝。
八幡山西ノ海は、立上り八幡は左差し西は得顔に例の泉川を極め、撓めんとするに八幡は極められし手を苦にもせず右手に敵の前袋を取りしかば西はこれを解き右四ツにつがい、引廻しツツ押出して西ノ海の勝は立派。
大鳴門嵐山は、立上り鳴門左差しは泉川に行きしが解れ左四ツ、鳴門はスクイ投を打ち、残して上手を引き、揉み合い水入りてのち睨み合いとなりて引分は興味更になかりし。

○出稼相撲
大泉若ノ川は、当場所打ち上げ次第大達熊ヶ嶽と共に北海道へ赴くよし。

さて本場所再開、好調な力士は相変わらず白星を重ねました。しかし新入幕の大器今泉が春日野に、十両上位に躍進した北國(ほっこく)が伊勢ノ海に、いずれも引退間近の老力士に敗れたのは意外でした。特に伊勢ノ海はこの日が結果的に現役最後の土俵となります。負けた北國の方は結局幕内には一度も上がれずに終わった力士なのですが、あと1つ星が伸びていれば、つまり伊勢ノ海に勝っていれば、間違いなく場所後の入幕を果たしていたはずで惜しまれる一番です。

明治22年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/05/13 13:26】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年夏場所7日目 (毎日新聞/明治22.5.28) | ホーム | 西郷邸天覧相撲 (毎日新聞/明治22.5.25)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/197-f238315a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。