スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所2日目 (毎日新聞/明治22.5.14)

○回向院大相撲
・昨日二日目はなかりの景気にて、貴顕方には吉井伯吉田子等の方々を見受けたり。
千年川知恵ノ矢は、持出して千年の勝。
北海司天龍は、立合烈しくは右をハヅに構いは右を差して互いに仁王立となりし時、の唇より出血せしため預りは遺憾なりし。
嵐山真鶴は、いづれも鋭き力士なれば難なく立上り、は左手を差さんとせしを引張り込んで泉川に極めしが、離れて左四つにて揉み合いは下手投げを打ちしが防いで相四ツ大相撲となり、水入りてのち真鶴はしきりに仕掛るをは防ぎ一方にて、遂に取疲れ引分。
若ノ川八幡山は、当日一二の相撲なれば場内なんとなく騒がしかりき、さて力士は丁寧に仕切りて立上り、早くもは左を差し敵の前袋を取らんとせしが、八幡は泉川に極め満身の力を出して攻めヨラんとするをは此所ぞ大事と堪えたる時、得意の蹴返しにて八幡の勝。
小錦伊勢ノ海は、ヨリ切ての勝。
若湊大泉は、立合いすこぶる堅くなり化粧立ち十数回に及びし後、は勢い込んで突張り行くをはマッタと言いながらスクイ投を打ちしは見事なりしが、己れマッタと言いしため相撲にならざりしは愛嬌、それより又々数回立直しようやくの事にて立上り、左四ツヨリての勝は贔屓は残念なりしならん。
一ノ矢上ヶ汐は、敵の老いぼれしより少しく侮りし体にて、立上るざま無闇と左を差しヨラんと付け入る時、引張り込みトッタリにて上ヶ汐の勝は真に老練。
北國真力は、押切りて北國の勝。
伊勢ノ濱平ノ戸は、左差しヨリ行くを伊勢はステバチにて首投げに行かんとせしが、前袋を取り釣出しての勝。
芳ノ山響矢は、左差し突放しての勝。
大纒鬼ヶ谷は、右差しとなりしをはこれを極めヨリツツ棄てんとせしを、土俵を廻り渡し込みしが残りしゆえヒネリての勝。
常陸山谷ノ音は、左四ツにて互いに撓め合いヤグラ投げにての勝。
鞆ノ平響舛は、左差しヨリての勝。
西ノ海春日野は、泉川にて西の勝。
今泉大鳴門は、立上りは得意の左差しヨラんと攻め付るを鳴門は挟みてヒネリし時、は土俵を廻りツツ敵の前袋を取りて競り合いしが、其のうち水入りは二三席巻落さんとせしを鳴門ようやく防ぎついに取り疲れ引分となりて当日の相撲を終わりたり。

一ノ矢に土、どんな相手でも油断をしてはいけません。大鳴門が今日から出場して引き分けましたが、これは今泉の力量を褒めるべきと言えましょう。積極的に攻める姿勢もいいですね。大泉は今場所新十両ながら筆頭と大躍進、しかし待ったを言いながら投げを打つとはどういう人なんですかね(;・ω・)

明治22年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/26 11:16】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年夏場所3日目 (毎日新聞/明治22.5.21) | ホーム | 明治22年夏場所初日 (毎日新聞/明治22.5.14)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/192-457ad82b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。