スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所初日 (毎日新聞/明治22.5.14)

○回向院大相撲
・一昨日の初日はあたかも日曜日にして、殊に当時売出しの力士等の顔ぶれもありしゆえ初日にては近年になき大景気にて、見物の中には毎度ながら徳川公爵、安藤議官その他華族方を見受けたり。
千年川春日野は、千年右差し左を当てヨラんとするを、は泉川に絞り満身に力を込め勢い鋭く攻めヨリし時は千年やや危うかりしが、土俵を開きながら解いて諸差しとなりヨリ返しツツ外掛にて極めんとせしを、は防ぎアビセ掛けんとせしが、すかさず切返して千年川の勝。
山響芳ノ山は、はかねて傲慢に見ゆる力士なれば芳ノ山の人気一層なりし、さて力士は無造作に立上り左四ツにつがい、は無闇に攻め付るをヨラれながら体を斜にして棄てんとせしを撓め見事下手投げにて芳ノ山の勝は喝采。
司天龍北國は、立上り北國は烈しく突張り行くを、は外して右差しとなりはこれを撓めツツ小手投げに行きしが、敵が堪らえしため腰クダケて司天の勝は流石に巧者。
真力常陸山は、左四ツヨリ切りて常陸山の勝。
八幡山響舛は、立上り八幡右差しとなりてタジタジとヨリ行くを、は引張り込んで棄て身となりしが付け入りアビセ掛けて八幡の勝は是非なし。
知恵ノ矢西ノ海は、は勘定を付けて上りしものか立上ると直ぐ敵の首に右手を巻き、なお両足を足クセに巻きし様は喬木に蝉という見得にて、敵が其のまま足を運びなば巻倒す慮見ならんが、そろそろ持出して西の勝は一寸観客を喜ばせり。
今泉若湊は、見物の待ち設けたる取組なれば力士の土俵に上ると等しく喧擾大方ならず、力士は無造作に立上りは例の突張りに行くを敵が防ぎしゆえ無據左差しとなり、攻めヨルをは土俵を開きながら上手にもこれを解き、得意の左差しとなりて揉み合いはこれを解かんとアセれば左様はさせじと争ううちカタスカシ一寸とハタキて今泉の勝は場内破るるばかりの喝釆にて、今度幕の内へ加わりし価値は充分。
若ノ川谷ノ音は、左四ツヨリ切りしと思いしが踏み出しありとの物言にて預り。
真鶴大泉は、左四ツは上手を引き互いにヨリツヨリ返しツするうち水入り、のち揉み合いしが取疲れて引分。
響矢嵐山は、左四ツ巻落しての勝。
北海鬼ヶ谷は、突張りての勝。
小錦上ヶ汐は、突出しての勝。
鞆ノ平伊勢ノ濱は、左差しヨリての勝。
伊勢ノ海一ノ矢は、押切りて一ノ矢の勝なりし。

若湊が東へ廻って新小結になりましたが、新入幕今泉の前に黒星スタート。東は大関剣山が休み、戦力的にやや苦しいです。西は大達がついに平幕へ下がりましたが休場。新小結の小錦は小兵相手に無難なスタートとなりました。大ベテランの千羽ヶ嶽は春日野となって二枚鑑札です。

明治22年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/25 01:40】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年夏場所2日目 (毎日新聞/明治22.5.14) | ホーム | 明治22年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治22.1.29)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/191-8c21ed7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。