スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治22.1.29)

○回向院大相撲
響升大碇は、右四ツは無闇にヨラんとするを残して揉合ううち、二本差にて下より組付き角觝ううち水入り、のち左上手を引き揉合い、取疲れて引分。
大纒谷ノ音は、立合いに右を差しは左にてハヅに当て突落さんとするを残し揉合い、は左を差さんとアセルを巻返しつつこれを防ぐうち、すでに二本差しとなり揉合い水入り、のち取疲れ引分。
北海楯甲は、右四ツ上手を引き釣らんとするを残し、はハヅに当て揉み合い水入り、のち揉合い引分。
大則戸大蛇潟は、則戸の左差しを大蛇上より絞り防ぎ揉合い、水入りてのち挑み合い引分。
高浪響矢は、左四ツ釣出して響矢の勝。
今泉山響は、合四ツに互いに釣合い水入りてのち挑み合い、取疲れ引分にて同場の千秋楽を終わりたり。

○二十日会の相撲
・二十日会員には本日(晴天なれば)両国回向院に於て相撲を催すよし。
○横濱相撲
剣山一ノ矢の一行は来月一日より横濱に於て花相撲を興行するという。

千秋楽はいつもの十両以下の相撲です。水入り引き分けの相撲ばかりですが、この顔触れはのちに幕内・三役で活躍する力士たちがほとんどで実力が拮抗していたのでしょう。新しい時代の到来を予感させます。

明治22年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/25 01:39】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年夏場所初日 (毎日新聞/明治22.5.14) | ホーム | 二十日会大相撲 (毎日新聞/明治22.1.30)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/190-dd2b94a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。