スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年春場所5日目 (毎日新聞/明治22.1.24)

○回向院大相撲
・昨日五日目は流石に広き同場も立錘の余地なく、貴顕方には副島、吉井両枢密顧問官、徳川公、蜂須賀侯等を見受けたり。
真鶴千年川は、突合い千年は敵の首を巻かんとするも外れたるより逃げながら手段を変えんとする時、踏込み来り突出しての勝。
鬼ヶ谷若ノ川はいづれも鋭き力士なれば、難なく立上るやいなは得意の諸鉄砲を突出したるに、は堪えて巻返したるをは再び手強く突掛け来りしにぞ、アワレは踏出すならんと思いのほか腰を落とし付入り、左四ツにつがいたる時は満場大喝釆、さて力士は揉み合いは上手敵の縦ミツを引きたればも同断互いに攻合い、水入りしのち行司は前の如くつがわせんとせしが、元来縦ミツを引くは同社会の禁ずる所なれば互いにこうではナイなどと争ううち、高砂出来山関ノ戸の三検査役が出張りようやく元の如くつがわせたり、力士は再び揉み合いが投げを試みしが残り引分は大受け。
阿武松真力は、突張り合いつつヒネリを見せて腰クダケ真力の勝。
嵐山鞆ノ平は、立上り左差しヨリ行き、は一寸と撓みしが其のままヨリての勝。
八幡山西ノ海は、いづれも堅くなり化粧立ち数回の後ようやく立上り、八幡が左を差さんと付け入るを敵はこれを引張り込んで泉川にて絞りければ、堪えかねて巻返し二本差しとなりしを、西は諸に極め揉合い解れて左四ツ、大相撲となりて水入りのち離れて八幡諸差し、西は絞りてヨラんと互いに競いしが取り疲れ引分は充分。
剣山若湊は、右差し渡込んで剣山の勝、此の時観客の内に盗賊ありとて騒ぎたるより満場の人々一同にどよめきしが、臨場の巡査出張して難なく賊を取り押さえたるが、一時は中々の騒動なりし。
千羽ヶ嶽阿武松は、泉川で千羽の勝。
伊勢ノ濱北國は、ハズにてヨリ切り北國の勝。
谷ノ音黒雲は、右差し仕掛くるをはこれを押さえ右にて敵の前袋を取り、揉合い水入りしのち再び攻め合い引分。
平ノ戸芳ノ山は、立上りは左差し踏込み行きしをは避けんと体を変ずる時、突出しての勝。
常陸山伊勢ノ海は、左四ツ下手投にて常陸の勝。
司天龍小錦は、立合に突出して小錦の勝。
大鳴門綾浪は、立合に引掛け残して左四ツ、下手ヤグラにて鳴門の勝。
海山一ノ矢は、右差しヨリ行くときは此処ぞと防ぎしが、腰を預け一ノ矢の勝にて打出したり。

場所も中盤に入ってずいぶんと人気が出てきたようです。人混みと言えば、現れるのはスリでしょうか(;・ω・)盗賊というと強盗のようなイメージですが、警備の警官も年寄も力士もいる中でそんな連中が堂々と出てくるとは考えにくいです。土俵の方は海山も敗れて全勝がいなくなりましたが、全体に熱戦が多かったようですね。

明治22年春場所星取表

西前頭2・嵐山捨吉
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/04 11:04】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年春場所6日目 (毎日新聞/明治22.1.25) | ホーム | 明治22年春場所4日目 (毎日新聞/明治22.1.23)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/184-31802985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。