スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年春場所3日目 (毎日新聞/明治22.1.22)

○回向院大相撲
海山千年川は、右差しに行きしを千年突張りながら差さんとする時、十八番の逆ヒネリにて海山の勝。
八幡山綾浪は、左四ツ揉合い合四ツにつがい大相撲となりて、互いに敵の隙を伺ううち水入りのち前の如くにて預りは、立ち疲れしかとの悪口もありしが全く力は入り居れりという。
司天竜嵐山は、立合に右を敵の首に掛け猫ダマシにでも行く心組の如く見えしが(ソレナラ一寸無理)司天はそれを巻き返しながら右をハヅに当て無遠慮にタジタジとヨリ来りし時、は土俵際にて捨身となりしが外掛けヨリて司天の勝は烈しき働き。
鞆ノ平阿武松は、右四ツ阿武上手前袋を引きツツ下手投を打ちし時、敵すこぶる危うかりしが引き付けアビセ掛けしゆえツブレて鞆ノ平の勝。
西ノ海鬼ヶ谷は、立合に西充分遅れたれば定めしマッタと云うならんと思いしに、さはなく立上り反り身になりて敵の突来るを受けしかば難なく突き出して鬼ヶ谷の勝なりしが、西は現今すこぶる元気付きしゆえかえって大事に角觝うべきに軽率のため斯く脆く敗を取りしはすこぶる惜しき事に思わる、爾来注意しては如何。
剣山芳ノ山は、右四ツが下手投を打ちし時はの体危うかりしが、踏み堪え揉合いはアセリて上手投に行きし時、預けられツブレて剣山の勝。
千羽ヶ嶽大纒は、二本差しヨリての勝。
真力若湊は、諸ハヅ押切りての勝。
常陸山黒雲は、常陸立上るやいな無闇に押行きし所はいかにも勇ましかりしが、始めの景気どこへやらがハヅを構えタジタジと押戻したる時は常陸も此処を堪えるならんと思いの外、難なくヨリての勝、常陸関今少し勉強してはドーデす。
平ノ戸小錦は、観客の待ち設けたるつがいなれば力士が土俵に上るやいづれも贔屓贔屓の力士を呼び中々の騒ぎなりし、さて両力士は丁寧に立ち上り左四ツにつがい、間もなく合四ツとなりてが引付け釣らんとアセレバはこれを防ぎ、またがスクワンとすればは身を潜めて防ぐなど中々の大相撲にて、水入りのち又々釣らんとすれば敵は残して蹴返さんと互いに隙を狙ううち、四本柱の伊勢ヶ濱は引分けヨと行司に命令するも高砂は否な否なと両手を振りたり、此の時満場の観客はシメタリなどと一時にどよめき渡りしが、再び揉合い全く取り疲れ預りは充分充分。
大鳴門伊勢ノ海は、二本差しヨリて鳴門の勝は当然。
真鶴一ノ矢は、立上りは突張りツツ左四ツとなりし時、早くもスクイ投を打ちしが、残してはヒネらんと少しアセる気味なりしが、兎に角立ち直り揉み合ううち全身の力を込めエンヤとスクイ投げて見事真鶴の勝は立派と云うの外なし、因みに云う、一ノ矢は今回大関となりしよりすこぶる相撲を大事に取る所から初日の伊勢と云い二日目の真力などの具合は余り馬鹿馬鹿し、畢竟同力士が小量より起りし者ならんとの評あり、或いは然らん。

記者の言いたい放題がエスカレート気味です(;・ω・)さて相撲の方は先場所小錦に唯一負けなかった平ノ戸が今場所も好勝負を見せて引き分け。新大関の一ノ矢は慎重になり過ぎてついに黒星がつき、力量に疑問符が付けられてしまいました。

明治22年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/03/30 23:05】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治22年春場所4日目 (毎日新聞/明治22.1.23) | ホーム | 明治22年春場所2日目 (毎日新聞/明治22.1.22)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/182-d8f0ec70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。