スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治21年夏場所8日目 (毎日新聞/明治21.5.23)

○回向院大相撲
・昨日八日目は黒田総理大臣、山田司法大臣、蜂須賀侯爵、野村子爵、安藤綿貫等の各元老院議官をも見受けたり。
芳ノ山鬼鹿毛は、いづれも巧者同士なれば目覚しき働きこそあらめとの評の如く、立上るやは無残に突掛けたるをは左差しとなり投げを打たんとせしを、上より極付け小手投げを試みしも残して競り合い、引落して鬼鹿毛の勝は感心。
阿武松千羽ヶ嶽は、突合い押切りて阿武の勝。
柏戸緋縅は、立合い押出して柏戸の勝。
綾浪司天龍は、当日第一の角觝なれば勝負如何と思ううち力士は無造作に仕切り立合い、は左差し右をアテ寄らんとせしをは敵の差し手を引張りトッタリを打ちしが残り、渡込んで司天の勝。
上ヶ汐八幡山は、左四ツ釣出して八幡の勝。
鞆ノ平若湊は、立合いは例の突張りに行かんとせしを流石老練のなればこれを外し右四ツにて、再び突張りしを寄せ返しヨリ切りの勝、然るにのヨリ来るとき棄て身となりたるゆえ己れは充分極りしならんとて土俵を下る様子もなくしきりに苦情を唱え居りしが、検査役行司等が到底苦情を起すべきにあらずと説諭し其のまま悄然と下りしは不感心の事に思わる。
一ノ矢大鳴門は、立合い鳴門は左手敵の前袋を引き右手をハヅに構いヨランとするを、右上手にて相手の前袋を取り左にて巻込み、揉合ううち水入りしのち攻め合い引分。
達ノ矢平ノ戸は、丁寧に仕切り立上りは右をハヅに当て突張らんとせしを外し突合い蹴返しての勝は大受け、は手先の強き力士なるも腰の弱き為めにや前日の八幡にも足クセにて敗を取りしゆえ、少しく注意せばかく脆くは負けざる者を、と溜りでの評は当たれりと云うべし。
今泉響矢は、左四ツは一寸蹴タグリしが残り、合四ツ互いに釣合い釣出して響矢の勝。
黒雲伊勢ノ濱は、立合い二本アテ寄り行く所を引き落したるが、これを残して左四ツは妙に合掌となりてスクワンとせしを付け入り、ヨリて伊勢の勝。
小錦真力は、左差し右足内ガケにてヨリ倒し小錦の勝。
常陸山知恵ノ矢は、突出して常陸の勝。
西ノ海剣山は、左四ツ揉合い水入りてのち釣合い、取り疲れ引分にて打出したり。

大達、高島氏に易断を請う
・力士大達は来月中旬北海道へ出稼ぎするつもりなるも、今日の体格にては如何あらんと心配の末、兼ねて愛顧を受くる高島嘉右衛門氏に書面を以て自分が以前の体格力量に回復すべきや否やを占われたし、と頼み送りしよし、易の卦が何んと出るものか当人にとりてはさぞかし返事の気遣わるる事なるべし。

若湊はまた自分の相撲への物言いです。ちょっと無理があるようですね(;・ω・)黄疸で長期休場中の大達は回復が不十分のようですが、生活のためには巡業をしないといけません。当時の著名な占い師に手紙まで書いていますね。本場所は2場所連続休場しているので、そろそろ大関の地位を明け渡すことになりそうです。
高島嘉右衛門(ウィキペディア)

明治21年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/03/21 23:07】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治21年夏場所9日目 (毎日新聞/明治21.5.26) | ホーム | 明治21年夏場所7日目 (毎日新聞/明治21.5.22)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/177-0d593559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。