スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治21年夏場所7日目 (毎日新聞/明治21.5.22)

○回向院大相撲
平ノ戸黒雲は、立上りは右差しとなりてヨラんとするを、は絞り極出さんと意気張りしも残されしかば土俵際にて振出さんとするを、エンヤと残りて揉合い水入りしのち攻合い引分は好し。
伊勢ノ濱常陸山は、左四ツにつがい互いに投げを打ち小手投げにて常陸の勝。
司天龍小錦は、の元気なるも相手が流石巧者の司天なれば或いは敗を取るならんかなど素人評も中々に喧しかりしが、両力士は仕切るや否な立上り司天は得意の右を差さんとせしを、押えながら一突にての勝は実に彼の技量と力量とに驚かざるものなし。
達ノ矢八幡山は、客年所々の花相撲にて互いに其の技術を心得居ればいづれも不気味の気色なく、これはしばらくとでも云いそうな面体にてありし、さて力士は丁寧に仕切り立上り、左四ツにて揉合いしがは右にて敵の上手廻しを引き釣出さんと体を寄せたるに、得たりや応と足クセモタレ込んで八幡の勝は満場大喝釆なりき。
西ノ海鬼ヶ谷は烈しく突合い、突張りて西の勝は実に元気なる事に思わる。
剣山嵐山は、は兼て注文のありしにや中々に立上らず、同力士にして斯く丁寧に仕切りしはいよいよ技量を振るわんとの下心なるべし、と溜りでの評もありしが、立上りは得意の右を差し来りしを、は防がずしてかえってお出でと招きし如き様にてあれば、敵は思いのままに差したるをエンヤと腰を預け首投に行きし時、の体は実に危うかりしが差し手を外してこれを残したるにぞ、は其のままヨリ足クセにてスクわんとせしも極らず、左四ツ揉合ううち上手を引き、釣出しての勝は大受け。
緋縅阿武松は、ヨリ切て阿武の勝。
高ノ戸芳ノ山は、突掛け来るを突返しての勝。
梅ノ矢千年川は、右を押え襷に抜けての勝は感心。
知恵ノ矢柏戸は、右四ツは無残に寄らんと攻め行き土俵際にて外掛けモタレ込まんとせしも、スクイ投にて知恵の勝。
真力綾浪は左四ツ、ヨリての勝。
千羽ヶ嶽上ヶ汐は、立上りは右を差したるを引張込んでためらううち、引落しての勝。
大鳴門若湊は、観客の待ち設けたる相撲なれば如何あらんと思ううち、エンヤと突出すの片手突きに鳴門はマッタと溜りへ下りしが、右の突手のため上歯一枚ブラブラとなりしかば、相撲中止を為さんと云う、検査役はこれを閲了し西溜りの力士に談じたるに、上ヶ汐は角觝の後取疲れ水入りとなりて逃げ出す力士あり鳴門はそれとは事変われどさしたる事もなからん是非取結ばせるこそよからん、と主張せしより高砂浦五郎鳴門の痛所を検しなお上ヶ汐に談判せしこと数回にして止めとなりしは遺憾なりき。
鞆ノ平一ノ矢は、エンヤと突掛け行きし時、は斜に身をソラしマッタマッタまづマタレヨと例の滑稽に観客の受けよく毎度ながら愛嬌ものサ、さて力士は立上りは右を当てヨラんとせしを、は首投げを試みしが極らず、突落しての勝にて打出したり。

剣山は苦戦しながらも全勝キープ。大鳴門は歯が折れてしまって勝負中止、珍しいケースですが立ち合い成立前の勝負中止なので星取上は「や」となっています。力士にケガは付き物とはいえ、本当に大変ですね。控え力士の発言力の強さは現在とはかなり違いますが、特に上ヶ汐ほどのベテランとなると尚更でしょうか。

明治21年夏場所星取表

東前頭5・司天竜政吉
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/03/20 00:23】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治21年夏場所8日目 (毎日新聞/明治21.5.23) | ホーム | 明治21年夏場所6日目 (毎日新聞/明治21.5.22)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/176-d9b1aeea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。