スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治21年夏場所2日目 (毎日新聞/明治21.5.15)

○回向院大相撲
・昨日二日目は前日に引続きたる上景気にて、貴顕方の内には副島伯蜂須賀侯をも見受けたり。
・今度付出したる西京の一ノ矢改名達ノ矢谷ノ音は、も中々油断ならざる剛力士にて殊に前日若湊を脆くも倒したるものなれば、此の相撲こそ面白からんと思ううち早くも立上り、は左を差して付け入りしをは体を斜に変じながら引張り込んでエンヤと突出しの勝は大きなものにて、などの到底敵するものにあらずと溜りでの評は当れりと云うべし。
勢力千羽ヶ嶽は、素人相撲の如く抱き出して千羽の勝は珍しき事になん。
阿武松緋縅は、突合い左差し釣出して阿武の勝。
八幡山常陸山は、立ち上り八幡は右差しにて攻め行くを常陸は防がんと一寸撓めたるより、左手をあてヨリ切りて八幡の勝。
黒雲鬼ヶ谷は、互いに突合いながらは得意の引張りに行きたるに、相手は其のまま傘に掛かりてトンボを打たせる時、の体は少しくおくれて落ちたる如く思われしが、行司はすぐにに団扇を揚げたるに西溜りの嵐山に負けなしとて物言い起り、検査役出来山及び溜りの行司其の他一同土俵に上りて其の如何を論ぜしに、高砂は決して物言いの付く角觝にあらずと云い、は充分物言の付く角觝なりと云いしが、高砂は決して然からず兎に角土俵だけの預りとなし置くべし、自分は誡権を以てかく処分するなり、とて土俵だけの預りとはなりぬ。
嵐山平ノ戸は、突合い右四ツにてはヨラんとするを、はエンヤとウッチャリしが残りて上手投にての勝となりしが、すでにウッチャラレし際に踏切りありとて又々物言い付きしも、前の如くにて預りとはなりぬ、此の相撲評と勝負付けとは此の紛紜によりて相違あれど右の顛末なれば観客は少しも怪しみ給うな。
鞆ノ平小錦は、立上りは左差しとなりしをは泉川にて極めんとするを、外掛けモタレ込んでの勝。
一ノ矢伊勢ノ濱は、は左差しにてヨラんとするを、伊勢は首投ゲに行きしが掛外れての勝。
真力柏戸は、は右差しとなりしをこれを絞り攻め合ううち一寸がスクイたるも残りて揉合い、水入りしのち前の如くつがい攻合いしが、取り疲れて引分け。
千年川真鶴は、立上りは首投ゲに行きしがはこれを防ぎ、左差しスクイ投にての勝。
若湊司天龍は、立上り右四ツにて競いしがは体を変じながらヒネらんとせしが、すでに踏切りあるにも拘らず揉合い同体流れて預りとせしは不完全。
綾浪海山は、左差しヨリ切りての勝。
西ノ海知恵ノ矢は、ヨリ切りて西の勝。
芳ノ山剣山は、右差しヨリての勝にて打出したり。

京都から加入の達ノ矢(だてのや)が谷ノ音を一蹴、強さを見せました。すごい勢いで番付を上がっている小錦も2日続けて足技で連勝。この日も物言いのつく相撲があって揉めていますが、結局星取の上では白黒ついたようです。

明治21年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/02/27 10:23】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治21年夏場所3日目 (毎日新聞/明治21.5.16) | ホーム | 明治21年夏場所初日 (毎日新聞/明治21.5.15)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/171-dad143f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。