スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治21年春場所5日目 (毎日新聞/明治21.1.10)

・昨日の五日目も景気よく、黒田吉井副島三伯爵、黒田議官徳川公爵等の方を見受けたり、又前日まで病気なりし鶴ヶ濱大達常陸山等欠勤のため西の方に廻り出勤せり。
緋縅増位山は、二本差しヨリ切りて増位の勝。
真力千年川は、立上りは右を差さんと仕掛けしを、突放されしより一寸と右四ツとなり離れて突張合い、は隙あらば右を差さんと身をモガキながら差さんとする時、ヒネリて真力の勝。
若湊泉瀧は、突出しての勝は実に強力の程思い知られたり。
知恵ノ矢高見山はいずれも手取り角觝なれば中々面白く取り結びたり、さて力士は立上り右四ツ、離れて手四ツとなりて競ううち一寸と引落しに行しを、イヤダと残しまた手四ツとなり、解いて突張り水入りのち揉合い蹴返しに行きしを、これをも残し右四ツとなりは無残にヨラんと土俵際まで攻め付けたるより、はここぞ大事と内掛にて残せしかばソンナラと言いながら投を打ちしも、送り出して知恵の勝は両力士とも必死の働きにて観客はすこぶる満足の様なりき。
鶴ヶ濱高千穂は、立上りは右を差し押行く時、はこれを残さんとハタキたるもヨり切りての勝。
海山西ノ海は、立上り西は左差しに行く所を右を巻き首投げにて海山の勝。
綾浪剣山は、丁寧に仕切り立上り左四ツ、は敵の胸部に首を預け揉合ううちはナンノと上より押さんとする時、得たりとズブネリにて見事綾浪の勝なりしに、場内の喧擾中々に止まざりき。
八幡山相生は観客の待ち居たる取組なれば、両力士の上るやいづれも其の贔屓贔屓の力士を呼び叫ぶなど自ずから人気引立ちしかば、力士はいと丁寧に仕切り立上り、右差し左を敵の首に当て左足にて内カラミ巻倒して八幡の勝はあっぱれ巧者力士の名に背かずと溜りでの評。
鞆ノ平伊勢ノ濱は、押し切りての勝。
千羽ヶ嶽嵐山は、ヒネリての勝。
大鳴門真鶴は、立上りは左差しにて攻めんとするを、鳴門はハヅに構い一寸と突落しに行きしを、イヤダと云いながらスクイ投にて真鶴の勝は大出来大出来。
一ノ矢鬼ヶ谷は、左差しヨリ切りての勝にて打ち出したり。


東西のバランスを取るため、鶴ヶ濱は西から出場して東方力士と対戦します。東西制度の時代はこうした事が時々ありました。その鶴ヶ濱は小結高千穂を破り、東方の三役陣は全員黒星。剣山は調子が上がらず休場してしまいます。若手が伸びてきて熱戦が多く、観客の入りも良いようですね。
明治21年春場所星取表

東前頭3・鶴ヶ濱政吉
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/02/13 09:04】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治21年春場所6日目 (毎日新聞/明治21.1.11) | ホーム | 明治21年春場所4日目 (毎日新聞/明治21.1.10)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/163-f314eb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。